2012.08.02

開催国イギリスが首位突破…なでしこはブラジル攻撃陣を抑えられるか/グループE

イギリス戦で突破を図るブラジルのマルタ(右)

 今大会で初めて結成されたイギリス女子代表だが、開催国としての重責をしっかりと果たす戦いぶりを見せている。昨年の女子ワールドカップでベスト8に 入ったイングランドから16名、スコットランドから2名の選出となった陣容だが、参加12カ国中、唯一無失点でグループリーグを切り抜けた。

 オリンピック全競技の中でも開幕戦となったニュージーランドとの一戦を1-0の勝利で飾ると、第2戦ではカメルーンを3-0で下し、早々にグループリー グ突破を決めた。ともに2連勝同士で迎えたブラジルとのグループ最終戦でも、2分に奪った先制点で逃げ切り、1-0でグループ最大のライバルから完封勝利 を挙げた。

 イギリスは、3試合連続完封と守備の安定感が目を引くが、攻撃陣も見劣りしない。3試合連続ゴールで攻撃陣をけん引するホートンを軸に、ボール支配率で は足技に優れたブラジルを含むグループ3試合全てで上回る好調ぶりを見せている。もちろん、ホームで戦うアドバンテージもあるため、一気に頂点まで上り詰 める可能性を含んでいると見ていいだろう。

 第3戦でイギリスに屈した形となったブラジルは、グループを2位で通過。準々決勝では、なでしこジャパンとベスト4を懸け、争うことになった。

 ブラジルは、初戦でカメルーンを相手に5-0で圧勝して絶好のスタートを切ると、第2戦のニュージーランドからは試合終了間際の86分に決勝点を奪い、 1-0で完封勝利を収めた。なお、準々決勝の会場はカーディフとなり、第3戦をロンドンで戦ったブラジルは移動が強いられる一方、既に2試合戦った会場で あることから慣れという部分では支障はないと言える。

 なでしことブラジルは過去に6度戦い、なでしこが3勝1分け2敗でリード。4月に日本で対戦した際は4-1となでしこが快勝したが、当時は5年連続で世 界最優秀選手賞に輝いたエースのマルタが欠場していた。また、マルタと2トップを組むクリスチアーニは、2大会連続でオリンピックの得点王に輝き、世界で も屈指の攻撃陣となっている。

 2大会連続銀メダルという実績を持つブラジルは、高いテクニックのある選手が揃い、なでしこがグループリーグで戦ったカナダやスウェーデンとは毛色の違うプレーを見せる。前線の強力な選手を如何に抑えられるかがブラジル打倒の第一歩になるのは間違いないだろう。

 

[写真]=Getty Images

 

Jリーグ順位表

サンフレッチェ広島
37pt
FC東京
28pt
川崎F
27pt
Jリーグ順位をもっと見る
松本
41pt
町田
40pt
大分
40pt
Jリーグ順位をもっと見る
琉球
34pt
鹿児島
30pt
沼津
29pt
Jリーグ順位をもっと見る