2012.08.01

近賀「難しい試合だったが、失点ゼロは収穫」/南アフリカ戦

 なでしこジャパンは7月31日、ロンドン・オリンピックのグループリーグ第3戦で南アフリカと対戦し、0-0で引き分けた。この結果、F組ではスウェーデンが1位通過、なでしこは2位通過となり、準々決勝でE組2位のブラジルと激突することになった。

 以下、矢野喬子と近賀ゆかりのコメント。

矢野喬子
「次の大会とか考えられない歳なので、常に最後かもというのがある。そう考えると、(試合前)この場に立っていることにグッときた。自分の中では、攻撃が 苦手なサイドバックになっているけど、できないことから逃げていてはダメだと思い、攻撃もできることをアピールしたかった。私のアピールチャンスはこの試 合だった。そういう思いはサブの選手にはあるので、重い試合だった。引き分け狙いの指示については、DFとしては(失点を)ゼロにしようと、そこだけ意識 していた。引き分けなんて狙ってできるものじゃないし、手を抜くなんてできない。でも、チームの勝利と金メダルを獲ることが大事という指示なら問題ない。 長年やってきて、信頼関係があるので問題はなかった」

近賀ゆかり
「チームとして失点しないことが絶対条件だった。難しい試合だったし、シュートも入らなかった。バランスを崩して上がっていく回数も少なかった。2位狙い については、移動を考えると(1位は)嫌だった。でも、今朝はみんな荷物をまとめていた。状況によってはそういう(引き分け狙い)のも考えていると監督は 言っていた。難しい試合になったのは間違いないが、失点ゼロは収穫。1位で(準々決勝に)行っても、違う利点もあったと思う。でも、それは出た結果を受け 止めればいい」

Jリーグ順位表

サンフレッチェ広島
37pt
FC東京
28pt
川崎F
27pt
Jリーグ順位をもっと見る
松本
40pt
大分
40pt
山口
40pt
Jリーグ順位をもっと見る
琉球
31pt
鹿児島
29pt
沼津
28pt
Jリーグ順位をもっと見る