2012.08.01

佐々木監督「次はスペクタクルなプレーを見せてお返しを」/南アフリカ戦

 なでしこジャパンは7月31日、ロンドン・オリンピックのグループリーグ第3戦で南アフリカと対戦し、0-0で引き分けた。佐々木則夫監督はスタートの 時点では「普通にやろう」と選手に指示をしたとしながらも、「後半途中からドローが狙えるなら……」と指示していたと明かした。また、引き分け狙いの試合 をしたことは監督生活の中で「初めての経験」と話している。

 以下、記者会見の場での佐々木監督のコメント。

「(控え組の)矢野(喬子)は安定したプレーを見せてくれたと思う。他の選手たちもボーダーラインというか、まあまあという感じ。前半は普通に戦ったが、 いいチャンスができていなかったという現実がある。ただ、2位狙いという言葉を僕が言ったのは今日であり、後半の途中でということ。しかし、その空気を見 ながら選手はなかなか集中して思い切ってできなかった。ただ、選手に悪いのは、『後半の状況を見て引き分けを狙えるようなら狙おう』と僕が事前に言ってし まったことで、その言葉を発した時点で影響が出てしまった。だから選手の判定はストレートに伝えられない。選手は次の準備をしたと思う」

「(カーディフに残ることについて)まずはコンディションを考えてのこと。我々はオリンピックでは挑戦者であり、準備が必要になってくる。応援してくれる 人たちやテレビで見ていた少年、少女たちにはスペクタクルな試合を見せられなかったのは僕の責任だ。そういう戦略の指示を出したので申し訳ないと思ってい る。次の試合でスペクタクルなプレーを選手に出させることでお返しをすることが大事だ」

Jリーグ順位表

サンフレッチェ広島
40pt
FC東京
31pt
川崎F
30pt
Jリーグ順位をもっと見る
松本
41pt
町田
40pt
大分
40pt
Jリーグ順位をもっと見る
琉球
34pt
鹿児島
30pt
沼津
29pt
Jリーグ順位をもっと見る