2012.07.29

選手を称賛する佐々木監督「岩清水はシェリン対策を徹底していた」/スウェーデン戦

 ロンドン・オリンピックの女子サッカー1次リーグ第2戦が28日に行われ、グループFのなでしこジャパンはスウェーデンと対戦。0-0の引き分けに終わった。

 以下、試合後の佐々木則夫監督のコメント。

「スウェーデンと戦うにあたり、カナダよりも質を高くしていこうという目標があった。得点の場面を作る局面やボールを運ぶビルドアップの部分では、カナダ 戦よりよくやったと思う。勝てなかったのは残念だが、守備の面ではDFとGKが相手の8番をよく止めたし、両サイドも攻撃に参加した。暑い中よく頑張った し、次につながる試合だった。この2日間、選手たちがミーティングを個々にやってきて、その成果が出せた。勝たせてやりたかったが、手ごわい相手でそう簡 単にはいかなかった」

「前半は(入り方を含め)力が足りなかった。後半は自分たちもチェイシングやビルドアップもできたが、息が上がったときにシンプルにやれなかった。得点を奪う意欲はあったし、お互いにスペクタクルでどっちが勝つかという中でも攻撃に行く姿勢があったことは評価している」

「次はもっと準備して今日よりいい試合をする。勝ち点3を狙いに行くことに尽きる。(この試合の前に私が話した)2位(通過)でいいというコメントが出 て、チームが少し動揺したので、ミーティングで話をして締めた。あまり勝ち点とか2位(通過)とか書いて(チームを)乱さないでね(笑)」

「ご覧になったパフォーマンスの通り、(ロッタ)シェリンに対して慌てずに対応した。この2日間、岩清水(梓)はビデオなどで何回も徹底して(シェリンの 動きを)確認していた。その成果が出た。準備が素晴らしかった。澤(穂希)の交代は、ここ2日間、田中(明日菜)のコンディションとゲームメークがよく、 チャンスがあったら出そうと思っていた。澤は後半もできそうだったが、疲労感が僕の見た目にあったので、田中を使うチャンスだと思った。もっと長短しっか り走ってミドルシュートを打つなど反省点もあったが、スタートとしてはよかった。岩渕真奈は攻守に積極的に自分の判断でかかわれと言ったが、もう少しでき ると思う。横のドリブルから、シュートは相手に当たってもいいから(攻撃的に)いってくれと。これをプラスにつなげてほしい」

Jリーグ順位表

サンフレッチェ広島
49pt
川崎F
40pt
FC東京
40pt
Jリーグ順位をもっと見る
松本
56pt
大分
50pt
町田
50pt
Jリーグ順位をもっと見る
琉球
35pt
沼津
32pt
鹿児島
30pt
Jリーグ順位をもっと見る