2012.07.28

なでしこ、決定機を生かせずスウェーデンとスコアレスドロー/ロンドン五輪

決定機を生かしきれず、スコアレスドローに終わったなでしこジャパン

 ロンドン・オリンピックの女子サッカー1次リーグ第2戦が28日に行われ、グループFのなでしこジャパンはスウェーデンと対戦。0-0の引き分けに終わった。

 なでしこのスタメンはGK福元美穂、DFは右から近賀ゆかり、岩清水梓、熊谷紗希、鮫島彩、MFはボランチに阪口夢穂、澤穂希、左サイドに川澄奈穂美、右サイドに宮間あや、2トップに大野忍、大儀見(旧姓:永里)優季の11人。初戦のカナダ戦のスタメンと同じ布陣でスウェーデン戦に臨んだ。

 なでしこは左サイドを中心に攻撃を組み立てるが、なかなかスウェーデンの守備陣を崩すことができない。13分には大儀見が難しい体勢から強引にシュートするも、これは力なくGKがキャッチ。24分には左サイドから中央に切り込んだ鮫島がミドルシュートを放つが、これもGKに阻まれた。

 一方のスウェーデンは、サイド攻撃から活路を見出そうとするが、岩清水、熊谷を中心とした守備陣が決定機を作らせない。37分には澤のパスミスからカウンターを受けたが、これも守備陣がブロックして事なきを得た。結局、0-0のまま前半を折り返す。

 後半立ち上がりに攻勢を仕掛けたのはなでしこ。47分、川澄が左サイドから中央へと切り込み右足でシュートを放つと、2分後には川澄、大野が絶妙のコンビネーションを見せて左サイドを崩し、大野が中央へ折り返す。これを澤が左足で合わせたが、これはGKに正面を突く。59分には澤のサイドチェンジを受けた宮間がシュートを放つが、これは枠を大きく外れた。

 なでしこは59分、澤に代えて田中明日菜を投入。フレッシュな選手を入れて中盤の活性化を図る。65分には高い位置でボールを奪った大儀見が大野とのパス交換でゴール前に侵入しシュートを放つが、GKがセーブ。69分には右サイドを駆け上がった近賀のクロスを大野が右足で合わせたが、これもGKに阻まれた。

 その後は、何度か危ない場面を作られたなでしこだが、得意のパス回しで主導権を譲らない。80分には大野に代えて岩渕真奈を投入。後半ロスタイムには大儀見に代えて安藤梢を投入したが、最後までゴールネットを揺らすことはできず、0-0で試合終了となった。

 1勝1分けの勝ち点4となったなでしこジャパンは31日、決勝トーナメント進出をかけて南アフリカと対戦する。

 

[写真]=Getty Images

 

Jリーグ順位表

サンフレッチェ広島
49pt
川崎F
40pt
FC東京
40pt
Jリーグ順位をもっと見る
松本
56pt
町田
53pt
大分
51pt
Jリーグ順位をもっと見る
琉球
35pt
沼津
32pt
鹿児島
31pt
Jリーグ順位をもっと見る