2012.07.26

なでしこ澤穂希「最高の舞台で最高の仲間とプレーできて幸せ」/カナダ戦

 ロンドン・オリンピックの女子サッカーが25日に開幕し、1次リーグでグループFに所属するなでしこジャパンがカナダと対戦。川澄奈穂美、宮間あやの得点で2-1と勝利を収めた。

 試合後に、澤穂希と大野忍が以下のように語った。

沢穂希
「勝ち点3を取る難しさがあった中で、それを取れたのが大きい。最初は緊張もあったが、ここに立てるのは選ばれた18人しかいない、と(宮間)あやが言っていたし、特別な思いのある中でみんなが結果を残してくれた」

「90分終わって、楽しかったな、と。もうちょっとサイドを使えればよかった。先制点は大野(忍)選手が『裏に出して』と呼んでくれて、そこに出すだけだった。ナホ(川澄)も得意な形で得点できたと思う。次はFW、MF、DFの距離を同じにすることが修正点。今年はけがや病気が続いた中で、今、改めてみんなとサッカーができる喜びを感じている。最高の舞台で最高の仲間とできて幸せ。個人として、まだ(コンディションを)上げられるようにしたい。ピッチに立つのには不安はなかった」

大野忍
「ポジション変更があって難しかったけど、監督に求められていることをしっかり出せた。次、どこで出るかわからないけど、その時にできることをできればい い。チャンスがあったのにシュートで終われなくて、個人的には悔しさがある。ただ、チームの役割を果たせた。今日の試合は終わったこと。次に向けて修正したい」

 

Jリーグ順位表

サンフレッチェ広島
48pt
FC東京
40pt
川崎F
39pt
Jリーグ順位をもっと見る
松本
56pt
大分
50pt
町田
50pt
Jリーグ順位をもっと見る
琉球
35pt
沼津
32pt
鹿児島
30pt
Jリーグ順位をもっと見る