2012.07.26

なでしこ主将の宮間「ヘディングシュートは自分もビックリした」/カナダ戦

 ロンドン・オリンピックの女子サッカーが25日に開幕し、1次リーグでグループFに所属するなでしこジャパンがカナダと対戦。川澄奈穂美、宮間あやの得点で2-1と勝利を収めた。

 試合後に、主将の宮間とGK福元美穂が以下のように語った。

宮間あや
「日本選手団を代表している中での初陣だったが、結果的にはよかった。内容については、よかったところもあるが、もっと自分たちはできるし、自分もできる。次こそいい試合をしたい」

「(試合前のスピーチについての内容は)本当に大切な思いと大切な人がいると思うけど、今ここで戦っている中で6試合をお互いのために頑張ろう、という感じ」

「ヘディングシュートは自分でもビックリした。鮫島(彩)選手のオーバーラップがすごく、そのアシストで得点できたのはうれしかった。ゴールシーンは、前 に入っていた大儀見(優季)選手がヘディングすると思っていたのに、なぜか自分がいけると思って「OK」と声をかけていた。ボールはよく見えていた。見て いる人は苦しかったと見えたかもしれないが、私たちは苦しくなかった。初戦は難しいが、北京の二の舞にならず、勝ちきれたのはよかった」

福元美穂
「集中しなければいけない前半で(失点を)ゼロに抑えられた。昨日も守備ラインの選手とは確認しながら、勢いをもって臨めるようにと思っていた。前半、失 点しないように気を遣っていて、我慢していたら味方が点を取ってくれたのでよかった。しっかり後ろが守っていれば点を取ってくれると確信していた」

「先発を言われたのは試合前のミーティング。最近は主力組で(練習を)やれていたのでそういう気持ちでいた。いつも通りのプレーしかできないので、責任感をもってピッチに立った」

 

Jリーグ順位表

サンフレッチェ広島
49pt
川崎F
40pt
FC東京
40pt
Jリーグ順位をもっと見る
松本
56pt
大分
50pt
町田
50pt
Jリーグ順位をもっと見る
琉球
35pt
沼津
32pt
鹿児島
30pt
Jリーグ順位をもっと見る