2012.07.26

初戦勝利のなでしこ佐々木監督「今日は選手を褒めてやりたい」/カナダ戦

 ロンドン・オリンピックの女子サッカーが25日に開幕し、1次リーグでグループFに所属するなでしこジャパンがカナダと対戦。川澄奈穂美、宮間あやの得点で2-1と勝利を収めた。

 試合後に、なでしこジャパンの佐々木則夫監督は以下のように語った。

「競技がスタートして、なでしこジャパンが日本の最初になったが、選手たちは苦しい中で耐えながら勝ち点3を意識して戦ってくれた。オールジャパンにとっ てもいいスタートが切れた。これが関塚ジャパン(26日に初戦を迎えるU-23日本代表)にいい形でつながってくれればいい。これは、プレッシャーじゃな くてね」

「(1点目をアシストした)大野(忍)の発想は2対1(の数的有利)を作るためにやっていることで、それは作戦ではない。彼女の独特の判断力だった。(川澄と)ポジションを代えて、よく機能した。ボクの称賛につながると思う(笑)」

「(勝因は)カナダより全員が走りきった。守備は最終ラインがコントロールしながらしっかりアプローチできた。チェンジサイドをもう少し効果的にできればよかったが。2点を取った後もしっかり動ききったことで守備は安定した。それに尽きる」

「(改善点は)一人一人の単純なミスもあった。ただ、勝って反省できるのはよかった」

「(交代を一人しかしなかったのは)守備の部分を考えた時、今の流れのままでいいかと。点を取るなら岩渕(真奈)や丸山(桂里奈)というのもあるが、守備のバランスがいいのでこのままでいいと思った」

「(試合前の)ロッカー室で宮間がカッコいいというか、素晴らしかった。ジーンとして、ボクも涙が出そうになった。泣いていた選手もいた。2-1というシビアな試合をやったことは次のスウェーデン戦の実になったと思う。今日は選手を褒めてやりたい」

 

Jリーグ順位表

サンフレッチェ広島
48pt
FC東京
40pt
川崎F
39pt
Jリーグ順位をもっと見る
松本
56pt
大分
50pt
町田
50pt
Jリーグ順位をもっと見る
琉球
35pt
沼津
32pt
鹿児島
30pt
Jリーグ順位をもっと見る