FOLLOW US

FC東京、鳥栖からMF小泉慶が完全移籍加入! MF安部柊斗との契約延長も発表

FC東京は27日、MF小泉慶(左)の完全移籍加入とMF安部柊斗(右)との契約延長を発表 [写真]=Getty Images

 FC東京は27日、サガン鳥栖からMF小泉慶が完全移籍加入することを発表した。また同日、MF安部柊斗との2023シーズンの契約に合意したことも発表している。

 1995年4月19日生まれの小泉は現在27歳。2014年にアルビレックス新潟でプロキャリアをスタートさせた小泉はその後、柏レイソルと鹿島アントラーズでのプレーを経て、2021年夏にサガン鳥栖に加入した。中盤の要として攻守に貢献した同選手は、2022シーズンの明治安田生命J1リーグ30試合に出場し1得点を記録している。

 まず小泉はサガン鳥栖退団に際し、クラブ公式サイトで感謝の思いを残している。

「1年半という短い間ですがサガン鳥栖でプレー出来た事、最高の出会いが沢山あった事、感謝の気持ちしかありません。ただ個人的にサッカー選手としてはもう若くありません。もう一度自分が知らない所へ行き挑戦したいと思いました。そう思わせてくれたのはサガン鳥栖でプレー出来たからこそだと思ってます。また必ず会いましょう。1年半ありがとうございました」

 また小泉はFC東京加入内定に際し、クラブ公式サイトで意気込みを示している。

サガン鳥栖から加入することになりました小泉慶です。FC東京がタイトルを獲得するために、勝つことだけを考えてプレーします。応援よろしくお願いします」

 1997年12月5日生まれの安部は現在24歳。明治大学在学中の2019年に、特別指定選手としてFC東京でプロデビューを果たすと、翌2020年に正式に同クラブに入団した。豊富な運動量を武器に中盤を支え、FC東京の主力選手へと成長。2022シーズンはJ1リーグ30試合に出場4得点を記録している。

 安部はFC東京との契約延長に際し、クラブ公式サイトで決意に満ちたコメントを残している。

「2023シーズンもFC東京でプレーさせていただくことになりました。自分自身勝負の1年だと思っています。どんな時もブレずにやり続け、チームを勝たせられるような選手になります。2023シーズンも応援よろしくお願いします」


SHARE

LATEST ARTICLE最新記事

RANKING今、読まれている記事

  • Daily

  • Weekly

  • Monthly

SOCCERKING VIDEO