FOLLOW US

甲府MF新井涼平、双方合意での契約解除が決定…週刊誌報道で女性問題が発覚

甲府がMF新井涼平との契約解除を発表

 ヴァンフォーレ甲府は7月1日、MF新井涼平に関するクラブの対応を発表した。

 新井については6月15日、週刊誌にて女性スキャンダルが報じられていた。甲府は同日付で公式声明を発表。「この度の一部週刊誌における弊クラブ所属選手の報道に関し、クラブ関係各位には、多大なご迷惑をお掛けしましたことを、深くお詫び申し上げます。弊クラブと致しましては、プライベートに関することとは言え、社会的に広く注目され、また大きな影響力をもったJリーグ所属選手が、クラブの秩序風紀を乱し、軽率かつ不適切な行動を取ったことを重大なことと認識しております。現在、本人には活動停止等の処分を科しており、引き続き事実確認に努めることとし、その結果に基づき、今後の対応を検討して参ります 」とコメントしていた。

 甲府は同事案の発生日から、週刊誌等による報道内容を含めて、弁護士立ち合いのもとで新井本人から細部にわたり事実確認を行ってきたという。その結果、「あくまでもプライベートに関することとはいえ、クラブの秩序風紀を乱し、且つ公序良俗に反する行為に該当するものである」と認定された。この決定を受けて、クラブは「2022シーズン終了までの活動停止」、「2022シーズン公式戦出場停止」、「2022シーズン終了までの報酬支払停止」と3つの処分を科した。

 処分決定後、新井自身から「現時点で自分自身がクラブに示すことができる償いは、自らクラブを退団することである」と強い要望があったという。クラブは本人の意思を尊重して双方で話し合いを実施し、6月30日をもって双方合意での契約解除で合意したことを伝えた。

 また、甲府の代表取締役社長を務める佐久間悟氏に対する、チーム管理監督不行き届きによる懲戒処分も発表。「1カ月の減俸5%」という処分内容となっている。

 新井は甲府のクラブ公式サイトにてコメントを発表。以下のように謝罪の言葉を述べた。

「この度、私の行動により関係する多くの皆様に多大なるご迷惑をお掛けしてしまい、深く反省しております。誠に申し訳ございませんでした。特に、クラブにご支援を頂いているスポンサー様、関連企業の方々、そして、サポーターやファンの方々に心よりお詫び申し上げます。最後になりましたが、今後のヴァンフォーレ甲府の発展とチームの活躍を心よりお祈りしております」
 

SHARE

LATEST ARTICLE最新記事

RANKING今、読まれている記事

  • Daily

  • Weekly

  • Monthly

SOCCERKING VIDEO