FOLLOW US

神戸、代表取締役社長交代を発表…6月1日から千布勇気氏が就任「皆様と共に一致団結」

ヴィッセル神戸は27日、同クラブ代表取締役社長交代を発表

 ヴィッセル神戸は27日、6月1日から千布勇気氏が同クラブ代表取締役社長に就任することを発表した。

 発表によると、5月31日をもって代表取締役社長の徳山大樹氏が退任し、後任として千布勇気氏が代表取締役社長に就任予定。正式な就任日を6月1日と伝えるとともに、徳山大樹氏が取締役副社長に就任予定であることも明らかにしている。

 ヴィッセル神戸代表取締役社長の座を退任する徳山大樹氏は、クラブ公式サイトでコメントを残している。

「今シーズンは、タイトル獲得を目指しスタート致しましたが、現在までご期待に添える結果を出せていないこと、深く責任を感じております。立場は変わりますが、皆様と共に一致団結して前進して行く所存です。ヴィッセル神戸のファン、サポーターの皆様、スポンサーの皆様、ヴィッセル神戸を応援してくださっている全ての皆様に、感謝申し上げます」

 また、6月1日からヴィッセル神戸代表取締役社長の座へ就任する千布勇気氏は、クラブ公式サイトで意気込みをコメントした。

「この度、楽天ヴィッセル神戸株式会社の代表取締役社長に就任することになりました。私も学生時代に10年以上サッカーに打ち込んでおり、 2019年よりヴィッセル神戸の一員として従事してきました。昨今クラブは浮き沈みの波がありますが、少しでもヴィッセル神戸に関わる皆様が応援したいと思っていただけるクラブにできるように、粉骨砕身の覚悟で業務にあたってまいります。ヴィッセル神戸の選手、スタッフ、職員はもちろん、ファン、サポーター、スポンサーの皆様と共に一致団結し、残りのシーズンを常に前を見続けながら駆け抜けていきたいと思います。どうぞよろしくお願いします」

SHARE

LATEST ARTICLE最新記事

RANKING今、読まれている記事

  • Daily

  • Weekly

  • Monthly

SOCCERKING VIDEO