FOLLOW US

イニエスタの土壇場同点弾は幻に…神戸が最下位転落、湘南が町野修斗の2発で待望今季2勝目

湘南と神戸が対戦した [写真]=宮地輝

 明治安田生命J1リーグ第14節が21日に行われ、湘南ベルマーレヴィッセル神戸が対戦した。

 ともに1勝4分8敗で勝ち点「7」。最下位湘南が17位神戸をホームに迎えた一戦は、39分に湘南が先制する。ペナルティエリアの外から杉岡大暉が放った低く鋭いミドルシュートは、相手GK前川黛也に防がれる。それでも、こぼれ球を町野修斗が押し込んだ。

 リードで折り返した湘南は51分に点差を広げる。相手DF初瀬亮のバックパスが少しずれると、すかさず反応した町野がボールを回収。飛び出してきた相手GK前川をかわし、無人のゴールへと流し込んだ。

 神戸は59分に1点を返す。左コーナーキックからアンドレス・イニエスタが浮き球を送ると、菊池流帆が相手に押さえられながらも頭で押し込んだ。

 神戸は後半アディショナルタイム9分、ペナルティエリア手前でフリーキックを獲得。キッカーのイニエスタはゴールを直接狙うと、ゴール右下に吸い込まれた。しかし、VARによるレビューの結果、途中で武藤嘉紀の腕に当たっていたとして、ハンドの判定でゴールは取り消しに。湘南が逃げきりに成功して2-1で勝利した。

 湘南はリーグ戦5試合ぶりの白星で勝ち点を「10」に伸ばし、17位に浮上した。2連敗の神戸は最下位に転落した。次節は25日に行われ、湘南は敵地で川崎フロンターレ、神戸はホームでジュビロ磐田と対戦する。

【スコア】
湘南ベルマーレ 2-1 ヴィッセル神戸

【得点者】
1-0 39分 町野修斗(湘南)
2-0 51分 町野修斗(湘南)
2-1 59分 菊池流帆(神戸) 

SHARE

LATEST ARTICLE最新記事

RANKING今、読まれている記事

  • Daily

  • Weekly

  • Monthly

SOCCERKING VIDEO