FOLLOW US

横浜FMが今季初のリーグ3連勝! 湘南との“神奈川ダービー”を4発で制す

湘南と横浜FMが対戦した [写真]=兼子愼一郎

 明治安田生命J1リーグ第13節が14日に行われ、湘南ベルマーレ横浜F・マリノスが対戦した。

 降格圏脱出に向けて今季2勝目を掴みたい湘南が、リーグ戦連勝中の横浜FMをホームに迎えての“神奈川ダービー”。ホームの湘南はうまく試合に入り、開始1分に早速ビッグチャンスを迎える。大橋祐紀がロングボールを頭で落とすと、ボールを拾ったタリクが相手DFをかわしてペナルティエリア左に侵入。相手GK高丘陽平との一対一を迎えたが、シュートはセーブされた。

 さらに湘南は5分、高い位置でボールを奪い、大橋がペナルティエリアの外から強烈なミドルシュートを放つが、これも高丘のセーブに阻まれる。11分には杉岡大暉が果敢な攻撃参加からペナルティエリア左でシュートを放つが、これも高丘の牙城を崩すことができない。

 序盤苦しんだ横浜FMだったが、14分に決定力の差を見せつけて先制に成功する。高い位置で水沼宏太が相手のパスをカットし、こぼれ球を回収したアンデルソン・ロペスがボールをキープ。相手に寄せられてシュートには持ち込めなかったが、セカンドボールに反応した水沼が右足を振り抜きゴール左下に流し込んだ。

 20分、横浜FMがリードを広げる。左サイドから仲川輝人がインスイングの低いクロスを送ると、相手DFはクリアに失敗してゴール前にボールが残る。マルコス・ジュニオールが粘ってボールをキープし、最後はヒールでラストパス。ゴール前に飛び込んだサイドバックの小池龍太が合わせてネットを揺らした。

 2点のリードで折り返した横浜FMは、59分に3点差とする。自陣でのボール奪取からカウンターに転じ、ファイナルサードまでボールを運んだ仲川はペナルティエリア右の水沼にパス。水沼がゴール前に折り返すと、A・ロペスが押し込んだ。

 苦しい展開となった湘南は78分、田中聡が敵陣左サイドでボールを奪って前方に浮き球を供給。ウェリントンがワンタッチで落とし、抜け出した町野修斗が右足でシュートを放つ。しかし、枠をとらえていたシュートはまたしても相手GK高丘に阻まれた。

 83分、湘南がついに1点を返す。クロスがペナルティエリア左に流れると、田中が飛び出してきた相手GK高丘をかわしてクロスを送る。ゴール前のウェリントンが頭で合わせて押し込んだ。

 後半アディショナルタイム1分、横浜FMがトドメの4点目を獲得する。渡辺皓太が前方にロングボールを送ると、抜け出したレオ・セアラは、高い位置をとっていた相手GK谷晃生と入れ替わる。そのまま無人のゴールへとボールを流し込み、今季リーグ戦初ゴールを記録した。

 試合はこのまま終了し、横浜FMが4-1でダービーを制した。湘南はリーグ戦2試合ぶりの黒星で4戦未勝利、横浜FMは今季初のリーグ戦3連勝となった。

 湘南の次戦は18日に行われ、JリーグYBCルヴァンカップ・グループステージ最終節でジュビロ磐田と対戦する。横浜FMは同日、第11節延期分で浦和レッズと敵地で対戦する。

【スコア】
湘南ベルマーレ 1-4 横浜F・マリノス

【得点者】
0-1 14分 水沼宏太(横浜FM)
0-2 20分 小池龍太(横浜FM)
0-3 59分 アンデルソン・ロペス(横浜FM)
1-3 83分 ウェリントン(湘南)
1-4 90+1分 レオ・セアラ(横浜FM)

SHARE

LATEST ARTICLE最新記事

RANKING今、読まれている記事

  • Daily

  • Weekly

  • Monthly

SOCCERKING VIDEO