FOLLOW US

川崎F、MF大島僚太の負傷状況を発表…DF登里享平は7月頃までの離脱に

現在負傷離脱中の大島僚太 [写真]=金田慎平

 川崎フロンターレは3日、現在ケガの影響で離脱を強いられているMF大島僚太とDF登里享平について、負傷の状況を発表した。クラブ公式サイトが伝えている。

 大島は3月30日に行われたトレーニングで負傷。右足関節靭帯損傷および右近位脛腓靭帯損傷と診断されており、全治までは受傷日から8〜10週間程度を要する見込みとなっている。順調な回復を見せた場合、5月末から6月頭にかけて戦列復帰できる予定だ。

 登里は4月16日に実施されたトレーニング内でケガを負った。右大腿二頭筋の肉離れという診断結果が下っており、全治までは受傷日より12週間程度を要する予定。早くても7月頃まで離脱することが想定されている。

 今シーズン、大島は2月18日に行われた明治安田生命J1リーグ開幕節のFC東京戦にフル出場。23日に開催された第9節横浜F・マリノス戦でも後半途中からピッチに立ったものの、その後は4試合連続でメンバー外に。3月19日に開催された第5節サンフレッチェ広島戦を最後に公式戦には出場していない。

 一方、登里は開幕戦のFC東京戦でのフル出場を皮切りに、明治安田生命J1リーグ4試合連続でピッチに立っていた。しかし、その後は負傷の影響もあってメンバー外が続いている。

 川崎Fは4月中旬から下旬にかけて、マレーシアで集中開催されたAFCチャンピオンズリーグ(ACL)に臨んでいた。しかし、両選手ともに負傷の影響でACLのピッチには立っていなかった。

SHARE

LATEST ARTICLE最新記事

RANKING今、読まれている記事

  • Daily

  • Weekly

  • Monthly

SOCCERKING VIDEO