FOLLOW US

新潟が発表…今季リーグ戦6得点MFロメロ・フランク、在籍2シーズン目MF大本祐槻と契約満了

アルビレックス新潟は3日、MFゴンサロ・ゴンザレスと契約満了を発表

 アルビレックス新潟は2日、MFロメロ・フランク、MF大本祐槻と2022年2月1日以降の契約を締結せず、今季をもって契約満了とすることを発表した。

 現在34歳のロメロ・フランクは流通経済大学を経て、2011年に水戸ホーリホックでプロデビューを果たした。2013年にモンテディオ山形へ移籍した同選手は、クラブ公式戦通算111試合に出場し13ゴールを挙げる活躍で、同クラブの明治安田生命J1リーグ昇格に貢献。その後、アルビレックス新潟や町田ゼルビアなどでプレーしたロメロ・フランクは、2020年に再びアルビレックス新潟へ加入した。

 今シーズンは明治安田生命J2リーグで27試合に出場し6ゴールを記録しているロメロ・フランクは同クラブ退団に際し、クラブ公式サイトでコメントしている。

「まずは、アルビレックス新潟の一員として2度もプレーする機会を与えていただいたことに感謝しています! 2017シーズンに所属していたとき、プロになって初めて無得点でシーズン終えてしまい、自分の力を発揮できなかったこと、そして、アルビレックス新潟をJ2に降格させてしまったことに責任を感じていました。その2年後に、再びオファーをいただいたときには迷いや不安もありましたが、新潟をJ1昇格させるという強い想いでもう一度チャレンジしようと決心しました。そして、この2年間はアルビをJ1へ昇格させるために、すべての力を注いできましたが、皆様の期待に応えられずに、本当に申し訳なく思っています。もっと長くここでプレーしたかったのですが、最高のチームメイト、スタッフ、サポーターと共に新潟で戦えたことを心から誇りに思いますし、最高の2年間となりました。僕は新潟を離れますが、来シーズンは新潟に残る選手たちが、今度こそJ1昇格を勝ち取ってくれることを願っていますし、これからも応援したいと思います。僕の次の挑戦がどのようになるかは分かりませんが、いつかまた、皆さんに会えることを願ってます。2年間、本当にありがとうございました」

 現在27歳の大本は阪南大学を経て、2017年にFC岐阜に入団。1年目からJ2リーグ全試合に出場し5ゴールを挙げる活躍を見せると、2018年に徳島ヴォルティスへ完全移籍。その後、V・ファーレン長崎でもプレーした大本は、2020年にアルビレックス新潟へ加入した。

 大本は同クラブ退団に際し、クラブ公式サイトでコメントしている。

「2年間のサポート、本当にありがとうございました。J1昇格に向けて闘うチームに貢献できなかったことを、本当に申し訳なく思っています。特に今シーズンは、個人として本当に苦しい一年となってしまいましたが、サッカーはもちろん、人としても大きく成長することができました。常に自分へ矢印を向け続け、毎日努力を重ねられたのは、ファン・サポーターの皆様が背中を押し続けてくれたからです。これまで積み上げた経験を無駄にすることなく、また、支えてくださる方々への感謝の気持ちも忘れずに、これからも前を向いて頑張っていきます。アルビレックス新潟に加入した昨年、リーグ開幕戦での新潟サポーターの応援の凄さに、衝撃を受けたことを今でも鮮明に覚えていますし、クラブにとってリーグ通算500ゴール目という歴史的なゴールを決められたことを、本当に嬉しく思っています。改めまして、2年間の温かい応援に心から感謝しています。アルビの選手として、皆様と共に闘えたことを誇りに思っています。本当にありがとうございました」



SHARE

LATEST ARTICLE最新記事

RANKING今、読まれている記事

  • Daily

  • Weekly

  • Monthly

SOCCERKING VIDEO