FOLLOW US

最下位・仙台が5試合ぶり白星! 2連勝中の広島を下しJ1残留へ貴重な勝ち点3

J1第33節で仙台と広島が対戦した [写真]=J.LEAGUE

 23日に明治安田生命J1リーグ第33節が行われ、ベガルタ仙台とサンフレッチェ広島が対戦した。

 前節終了時点で最下位に転落した仙台は、直近4試合で1分3敗と未勝利。いよいよ佳境に差し掛かったJ1残留争いに踏みとどまるためにも、ホームで5試合ぶりの勝利を目指す。一方10位の広島は、現在リーグ戦2連勝中。いずれも無失点での勝利を収めており、安定感の増した守備陣の活躍に注目が集まる。

 先制したのは仙台だった。10分、FW富樫敬真が斜めの動き出しで敵陣ペナルティエリア右へパスを引き出すと、富樫はペナルティアーク付近へバックパス。これに反応したMF関口訓充が、ダイレクトでニアサイドを抜くシュートを放った。広島のGK林卓人も反応できないボールがゴールネットを揺らし、スコアは1-0となる。

 前線から積極的なプレッシングを見せる仙台は、21分にも相手のミスからFW赤崎秀平が決定機を迎える。しかし、ペナルティエリア左から放ったシュートは林の正面で追加点には至らない。

 追いつきたい広島はその後ボールを保持し相手ゴールに迫るものの、仙台の守備を崩せず。前半は1-0と、仙台リードで45分間を終える。

 迎えた後半、広島がチャンスを作る。49分、右サイドからのクロスを敵陣ペナルティエリア内で反応したMF森島司が頭で逸らすと、ペナルティエリア左でフリーのMF東俊希がダイレクトでシュート。しかし、ボールは枠の上へと外れる。広島は73分にもMF茶島雄介のクロスからFWジュニオール・サントスがチャンスを迎えるが、このヘディングシュートもボールは枠の上。

 仙台は途中出場のFWフェリペ・カルドーゾがカウンターから林との一対一を迎えるも、追加点を挙げることはできない。

 試合終盤にかけては、広島が仙台陣内でボールを保持し攻め込む時間が長くなるも、仙台はGKヤクブ・スウォビィクを中心とした決死のディフェンスでゴールを守り抜いた。

 そして後半アディショナルタイムには、途中出場の仙台MF氣田亮真が試合を決定付ける追加点をゲット。結局試合は2-0で終了し、5試合ぶりの勝利を手にした仙台は、J1残留へ価値ある勝ち点3を手にした。一方の広島は3試合ぶりの黒星を喫している。

【スコア】
ベガルタ仙台 2-0 サンフレッチェ広島

【得点者】
1-0 10分 関口訓充(仙台)
2-0 90+4分 氣田亮真(仙台)


SHARE

LATEST ARTICLE最新記事

RANKING今、読まれている記事

  • Daily

  • Weekly

  • Monthly

SOCCERKING VIDEO