FOLLOW US

江坂が古巣弾! 汰木2発&ユンカーらも得点の浦和、今季最多の5得点快勝

金Jで浦和レッズが柏レイソルを下した [写真]=J.LEAGUE

 明治安田生命J1リーグ第33節が22日に行われ、浦和レッズと柏レイソルが対戦した。

 目標のAFCチャンピオンズリーグ(ACL)出場権獲得に向けて、これ以上勝ち点を落とすことが許されない5位浦和。3試合ぶりの勝利を目指す一戦では、古巣対戦の酒井宏樹と山中亮輔、江坂任がスタメンに名を連ね、キャスパー・ユンカーがリーグ戦6試合ぶりの先発復帰を果たした。

 序盤はボールが落ち着かない展開が続いたなか、15分にホームの浦和が先制する。中盤のパス回しで相手のプレスを回避すると、ハーフウェーライン付近から江坂が前方に絶妙のスルーパスを供給し、ユンカーが収めて中央に折り返す。このボールに汰木康也が右足を振り抜いて合わせ、ゴール左隅に突き刺した。

 浦和は19分、エリア内での混戦から柴戸海がエメルソン・サントスに倒されてPKを獲得。関根貴大がキッカーを務めると、ゴール左下に向かって鋭いシュートを放つ。相手GKキム・スンギュにコースを読まれたもののボールの勢いが勝り、ボールはゴールに吸い込まれた。

 さらに23分、浦和が3点目を獲得する。左から山中が供給したクロスは相手にクリアされたが、ペナルティエリア左で汰木がこぼれ球を回収。狙い澄ましたコントールショットでゴール右上隅に流し込んだ。

 33分、柏が1点を返す。左サイドから中央に切り込んだ神谷優太が右足でゴールに向かうクロスを送ると、中央でフリーとなったマテウス・サヴィオが頭で合わせて押し込んだ。

 しかし次の得点は浦和に生まれる。45分、平野佑一が自陣から前方にロングボールを放り込むと、反応したユンカーはついてきた相手DFエメルソンを振り切る。最後はペナルティエリア左からゴール右下へと流し込んだ。ユンカーは8月25日のサンフレッチェ広島戦以来となるリーグ戦での得点を記録した。

 3点のリードで試合を折り返した浦和は、59分に5点目を獲得する。江坂のスルーパスに抜け出した小泉佳穂が左サイドから柔らかいクロスを供給。中央の江坂は胸でボールを収めると、相手DFの股の間を通してゴール左下隅に流し込んだ。

 浦和は89分に決定機を迎える。ペナルティエリア手前で獲得したフリーキックから大久保智明が左足でファーに浮き球を供給。酒井が飛び込み頭で合わせると、シュートは枠を捉える。しかし、相手GKキム・スンギュがボールに触ってコースを変えると、ボールはクロスバーに阻まれてゴールとはならなかった。

 試合はこのまま終了し、浦和は今季最多の5得点勝利で3試合ぶりの白星を収めた。柏は今季初の5失点で3試合ぶりの黒星となった。次節、浦和は天皇杯・準々決勝のガンバ大阪戦を挟んで、11月3日にアウェイで川崎フロンターレと対戦。柏は同日にアウェイで名古屋グランパスと対戦する。

【スコア】
浦和レッズ 5-1 柏レイソル

【得点者】
1-0 15分 汰木康也(浦和)
2-0 19分 関根貴大(浦和)
3-0 23分 汰木康也(浦和)
3-1 33分 マテウス・サヴィオ(柏)
4-1 45分 キャスパー・ユンカー(浦和)
5-1 59分 江坂任(浦和)


SHARE

LATEST ARTICLE最新記事

RANKING今、読まれている記事

  • Daily

  • Weekly

  • Monthly

SOCCERKING VIDEO