FOLLOW US

甲府DF関口正大が入籍を発表「これまでと変わらず走り、闘い続けます」

甲府DF関口が結婚を発表

 ヴァンフォーレ甲府は24日、DF関口正大の入籍を発表した。クラブ公式サイトが伝えている。

 関口は1998年生まれの23歳。新潟明訓高校、法政大学進学を経て2020シーズンから甲府でプレーしている。

 甲府の発表によると関口は2019年12月に入籍を済ませ、2020年5月に第一子を授かっていたという。また、関口は入籍発表に際し公式サイトを通じて次のようにコメントしている。

「日頃よりヴァンフォーレ甲府へ多大なるご支援とご声援をいただき、ありがとうございます。この度、リリースの通り入籍及び第一子誕生を報告させて頂きました。個人的な報告となりますが、素直な気持ちを皆様へ伝えさせて頂きたいと思います。私は法政大学在学時に地元新潟県で小学校、中学校を共に過ごした幼馴染の方と結婚を前提にお付き合いをさせて頂いていました。そして、交際期間中、幸運なことに第一子を授かることができました。正直、周囲からは学生の立場でどうなのかと心配する声もありました。しかし、私は一家の大黒柱としてプロサッカー選手になるという明確な目標を立て、強い覚悟と責任を持ち何事にも立ち向かう決断をしました」

「ではなぜ今のタイミングで報告させて頂こうと思ったかと言うと、過日私が怪我をしたことが大きな要因となりました。これまでのサッカー人生で、怪我をしたことがなかった私が初めて怪我をしてしまいました。焦る気持ちとプロとして不甲斐ない自分を抱え込み、悩む日々が続き気持ちが前向きにならずピッチを見つめる自分がいました。そんなときも家に帰宅すると変わらず、笑顔で支えてくれた家族の存在があり、改めて妻と子供のありがたみを感じました。だからこそ、このタイミングで日頃より私をサポートして頂いているヴァンフォーレファミリーの皆様にも、私には誇れる家族がいることをしっかりとした形で報告させて頂きたいと思いました」

「最後になりますが、コロナウイルスの影響により出産にも立ち会うことも出来ず、一人で元気な子供を出産してくれたこと。そして、私が学生であった為、遠距離で会う機会も限られる中、一人で子供を育ててくれたこと。妻には感謝しかありません。そして、今は山梨の地で共に時間を共有してくれている家族には本当に感謝しています。皆様には今後とも私たち家族を暖かく見守って頂けると幸いです。関口正大はこれまでと変わらず走り、闘い続けます。今後もご支援、ご声援の程よろしくお願い致します」


SHARE

LATEST ARTICLE最新記事

RANKING今、読まれている記事

  • Daily

  • Weekly

  • Monthly

SOCCERKING VIDEO