FOLLOW US

「神戸ならタイトルも取れる」…J復帰の大迫勇也、クラブの補強は「今までにないから面白い」

神戸に加入した大迫勇也 [写真]=VISSEL KOBE

 22日にヴィッセル神戸の入団会見に出席したFW大迫勇也が、会見後にメディアとの質疑応答を行なった。

 大迫はまず、新天地に神戸を選んだ理由について、「FWとして出られることが一番ですし、点を取りたい思いが一番強く、神戸ならタイトルも取れるかなという思いも強かったです。これからチームもさらに良くなると思うし、さらに強化していくと思うので、決めました」と説明。

 続けて、大迫と同時期にFW武藤嘉紀、FWボージャン・クルキッチも獲得した神戸の補強戦略については、次のように語っている。

「今までにないから面白いと思います。普通では勝てないと思うし、ちょっと違わないと。(競争相手が増えることについては)神戸が勝つためという思いだけしかないので、そのために僕も点を取り続けたいし、チームの力になりたいと思っています」

 神戸ではプロキャリア初となる背番号「10」を着用。大迫は自身の背番号観について、「10番だからと特別なプレーをするわけではありません。今までドイツ、代表でしてきたプレーをして、そうすれば自然と定着してくれると思います。まず自分にフォーカスを当ててプレーすることしか考えていないですね」と述べた。

 大迫は最後に、日本代表の活動に言及。来年に2022 FIFAワールドカップ カタールの本番を控えるが、まずはクラブで地に足をつけて活躍することが重要だと語った。

「代表は結果を残さないと行けるところではありません。まず神戸でしっかり結果を出し、勝ちに導けるようなプレーをすることしか今は考えていないです。代表は呼ばれたときの準備はもちろんしていますが、神戸でしっかりとしたパフォーマンスを出すことしか考えていないです」


SHARE

LATEST ARTICLE最新記事

RANKING今、読まれている記事

  • Daily

  • Weekly

  • Monthly

SOCCERKING VIDEO