FOLLOW US

FC東京、秋田からDF鈴木準弥を獲得「勝利の為に全身全霊をささげます」

 FC東京は24日、ブラウブリッツ秋田よりDF鈴木準弥が完全移籍で加入することを発表した。

 現在25歳の鈴木は清水エスパルスユースから早稲田大学に進学。2018年にブンデスリーガ3部のVfRアーレンに加入し、2019年に藤枝MYFCへ移籍。2020年から秋田でプレーし、昨シーズンは明治安田生命J3リーグで33試合の出場で2ゴールを記録するなど、J3優勝とJ2昇格に貢献した。今シーズンはここまで明治安田生命J2リーグで18試合に出場し、1ゴールを記録していた。

 FC東京加入が決定した鈴木はクラブ公式サイトで以下のようにコメントを発表している。

「ブラウブリッツ秋田から移籍することになりました鈴木準弥です。FC東京という素晴らしいクラブでプレーする機会を与えていただきとても嬉しく思っています。チームの勝利の為に全身全霊をささげます。FC東京に関わる全てのみなさまよろしくお願い致します!」

 また、所属していた秋田のクラブ公式サイトでは以下のようにコメントしている。

「この度、FC東京へ移籍することになりました。夏のタイミングでチームがなかなか勝てていない中ということもあり悩みましたが、J1のステージへの挑戦したい気持ちが強く、決断しました。この移籍はブラウブリッツ秋田があったからこそ実現しました。1年半という短い間でしたが、本当にありがとうございました。僕は秋田、ブラウブリッツ秋田が大好きです。移籍にあたって快く背中を押してくれたクラブの全ての皆様には感謝しかありません。J1の舞台で活躍し秋田の子供達の夢や希望となれるよう闘ってきます。是非秋田からも引き続き応援して頂けたらと思います。本当にありがとうございました!そして、これからもよろしくお願いします!」


SHARE

LATEST ARTICLE最新記事

RANKING今、読まれている記事

  • Daily

  • Weekly

  • Monthly

SOCCERKING VIDEO