FOLLOW US

横浜FMや柏で活躍、元韓国代表ユ・サンチョル氏が49歳で死去 19年にすい臓がんステージ4と診断

横浜FMなどで活躍したユ・サンチョル氏 [写真]=J.LEAGUE

 韓国サッカー協会(KFA)は7日、元韓国代表のユ・サンチョル氏が亡くなったと発表した。49歳だった。

 ユ・サンチョル氏は2019年5月、仁川ユナイテッドの監督に就任したが10月に体調不良から入院。11月にステージ4のすい臓がんであることを公表して同年退任した。翌2020年には来日して横浜F・マリノスとガンバ大阪による明治安田生命J1リーグ開幕戦に姿を見せていた。

 蔚山現代でキャリアをスタートさせたユ・サンチョル氏は、1999年に横浜FMに加入。2シーズンプレーし、2001年からは柏レイソルに在籍した。一時、韓国に帰国するが、2003年に横浜FMに再加入。チームの優勝に貢献した。2004シーズン終了後に蔚山現代へ復帰。2006年3月に現役を引退した。韓国代表としては、1998年と2002年のワールドカップに出場。ディフェンダーからセンターフォワードまで務めるユーティリティ選手として活躍した。

 KFAは「あなたの声、ともに過ごした栄光の日々は永遠に忘れません。ご冥福をお祈りいたします」と声明を発表している。

[写真]=J.LEAGUE

[写真]=J.LEAGUE

[写真]=Getty Images


SHARE

LATEST ARTICLE最新記事

RANKING今、読まれている記事

  • Daily

  • Weekly

  • Monthly

SOCCERKING VIDEO