FOLLOW US

新潟がついに今季初黒星、琉球と京都が勝利で接近…遠藤保仁は24年連続弾/J2第14節

東京Vは北九州を下して2戦ぶり白星 [写真]=兼子愼一郎

 明治安田生命J2リーグ第14節が、15日と16日に行われた。

 FC町田ゼルビアは、新たなバックスタンドが完成した『町田GIONスタジアム』に首位アルビレックス新潟を迎えた。町田は1分、三鬼海がミドルシュートをゴール右下に流し込み、幸先よく先制。11分には、吉尾海夏のクロスに合わせた太田修介のシュートが相手DFに当たってゴールに吸い込まれ、町田がリードを広げる。新潟は62分に1点を返したが、反撃は及ばず、町田が「シン・ノヅタ」初陣を飾った。新潟はついに今季初黒星となり、開幕からの無敗は「13」でストップした。

 2位のFC琉球は、栃木SCとホームで対戦。琉球は3分に先制を許すが、16分に清水慎太郎が同点弾を挙げると、22分に上里一将が直接フリーキックを成功させて逆転する。しかし44分、栃木は西谷優希が鮮やかなボレーシュートを沈めて追いつく。同点で折り返すと、74分に茂木駿佑が強烈なミドルシュートをゴール左下隅に突き刺し、琉球が再度逆転。90分にはコーナーキックの流れから李栄直がダメ押しの4点目を挙げ、琉球が4-2で打ち合いを制した。琉球は勝ち点「33」で新潟と並んだ。

 3位京都サンガF.C.は、24分に福岡慎平が挙げた1点を守り切って、水戸ホーリーホックに勝利。2連勝で9戦無敗となり、新潟との勝ち点差を「1」に縮めた。

 ザスパクサツ群馬をホームに迎えたジュビロ磐田は、遠藤保仁のプロキャリア24年連続となるボレーシュートが突き刺さって1-0で勝利。3試合ぶりの白星で4戦無敗となり、4位をキープした。ヴァンフォーレ甲府は終盤に新井涼平が挙げた1点でブラウブリッツ秋田との接戦を制し、2連勝で5位を維持している。

 今節の試合結果と順位表、次節の対戦カードは以下の通り。

■試合結果

▼5月15日(土)
ヴァンフォーレ甲府 1-0 ブラウブリッツ秋田
松本山雅FC 0-0 ツエーゲン金沢
ジュビロ磐田 1-0 ザスパクサツ群馬
レノファ山口FC 1-0 SC相模原
V・ファーレン長崎 2-2 ジェフユナイテッド千葉
FC琉球 4-2 栃木SC

▼5月16日(日)
モンテディオ山形 1-0 愛媛FC
大宮アルディージャ 0-0 ファジアーノ岡山
京都サンガF.C. 1-0 水戸ホーリーホック
東京ヴェルディ 2-0 ギラヴァンツ北九州
FC町田ゼルビア 2-1 アルビレックス新潟

■順位表

1位 新潟(勝ち点33/得失点差+21)
2位 琉球(勝ち点33/得失点差+15)
3位 京都(勝ち点32/得失点差+15)
4位 磐田(勝ち点26/得失点差+5)
5位 甲府(勝ち点25/得失点差+8)
6位 町田(勝ち点24/得失点差+5)
7位 水戸(勝ち点19/得失点差+2)
8位 秋田(勝ち点19/得失点差0)
9位 千葉(勝ち点19/得失点差-1)
10位 金沢(勝ち点18/得失点差-1)
11位 山口(勝ち点18/得失点差-2)
12位 松本(勝ち点18/得失点差-4)
13位 長崎(勝ち点18/得失点差-6)
14位 東京V(勝ち点18/得失点差-7)
15位 山形(勝ち点17/得失点差-2)
16位 岡山(勝ち点16/得失点差-2)
17位 栃木(勝ち点14/得失点差-5)
18位 大宮(勝ち点11/得失点差-3)
19位 愛媛(勝ち点11/得失点差-7)
20位 群馬(勝ち点11/得失点差-10)
20位 相模原(勝ち点11/得失点差-10)
22位 北九州(勝ち点11/得失点差-11)

■第15節の対戦カード

▼5月19日(水)
18:30 秋田 vs 山口

▼5月22日(土)
18:00 琉球 vs 山形

▼5月23日(日)
14:00 水戸 vs 甲府
14:00 栃木 vs 松本
14:00 千葉 vs 町田
14:00 新潟 vs 京都
14:00 金沢 vs 群馬
14:00 岡山 vs 長崎
14:00 北九州 vs 大宮
15:00 東京V vs 磐田

▼5月27日(木)
19:00 相模原 vs 愛媛


SHARE

LATEST ARTICLE最新記事

RANKING今、読まれている記事

  • Daily

  • Weekly

  • Monthly

SOCCERKING VIDEO