FOLLOW US

清水、先制するもドローでリーグ戦ホーム初勝利を逃す…横浜FCも今季初勝利ならず

J1第13節で清水と横浜FCが対戦した [写真]=J.LEAGUE

 9日、明治安田生命J1リーグ第13節清水エスパルス横浜FCが行われた。

 現在16位の清水と、最下位の横浜FCが激突した一戦。清水は5日のルヴァン杯で4得点の勝利を収めており、今節はリーグ戦でのホーム初勝利を目指す一戦となった。一方の横浜FCは、未だリーグ戦での白星がない状況。今シーズン初勝利を掴むべく、『IAIスタジアム日本平』へと乗り込んだ。

 最初のチャンスは清水だった。3分、テンポの良いパスワークから、最後はFW鈴木唯人のスルーパスで抜け出したMF中山克広がペナルティエリア右から右足アウトサイドでシュート。しかしこれは枠の左へと外れる。清水は29分にもFKのこぼれ球からFWチアゴ・サンタナが右足で豪快にミドルシュートを放つもボールは枠の右へと外れ、試合はスコアレスでハーフタイムを迎える。

 迎えた後半、アウェイの横浜FCはFW渡邉千真が左足でミドルシュート。ボールは相手GK権田修一に防がれるものの、徐々に攻撃にリズムを生み出していく。

 しかし、先制したのは清水だった。58分、敵陣ペナルティエリア内で細かいパスワークを見せると、右サイドからクロスが上がる。これは横浜FCのGK市川暉記のパンチングに防がれるが、こぼれ球をDF奥井諒が右足ダイレクトでシュート。ボールはまたしても市川に防がれるものの、再び跳ね返ったボールを奥井がシュート性のボールを蹴り込むと、中央にポジションを取っていたT・サンタナがゴールへと押し込んだ。

 1点を追いかける展開となった横浜FCだが、その5分後に追いつく。敵陣中央やや左でFKを獲得すると、キッカーはMF手塚康平。ゴール前へのクロスも予想される場面だったが、手塚は左足で壁の外から巻いていくボールを、ゴール左へと決めた。瞬く間に試合は同点となる。

 その後、勝ち越し点を狙う両チームだが、互いに一進一退の攻防を見せ拮抗した展開が続く。

 そして試合は結局このまま1ー1で終了。今シーズンのリーグ戦において、清水はホーム初勝利を逃す結果に、また横浜FCは初勝利を逃す結果に終わった。

【スコア】
清水エスパルス 1ー1 横浜FC

【得点者】
1ー0 58分 チアゴ・サンタナ(清水エスパルス
1ー1 63分 手塚康平(横浜FC


SHARE

LATEST ARTICLE最新記事

RANKING今、読まれている記事

  • Daily

  • Weekly

  • Monthly

SOCCERKING VIDEO