FOLLOW US

京都が4連勝でトップ2に接近中! 今季初得点の宮吉「連勝できてすごくいいチーム状態です」

[写真]=金田慎平

 明治安田生命J2リーグ第9節、京都サンガF.C.は敵地で東京ヴェルディを下し、これで4連勝を達成した。今季から京都を率いる曺貴裁監督は「コロナ禍の平日にも関わらず多くのサポーターにお越しいただき、声が出せない中でも熱を伝えてくれたので勝利できて嬉しく思います」とコメントした。

 ボールを保持してゲームを進めるヴェルディに対し、京都は最前線からプレッシングで相手の自由を奪っていく。まずは開始早々の8分にカウンターからピーター ウタカが先制点を決めると、後半立ち上がりの54分には宮吉拓実が追加点。終盤はヴェルディに押し込まれる時間帯もあったが、集中した守備で今季4度目の完封を記録。2試合ぶりにゴールを守った若原智哉は「毎試合いいプレスをかけてくれるので助かるし、それがいいゴールにつながったと思います」と総括した。

 追加点を挙げた宮吉はこれが嬉しい今季初得点。「裏に抜けようと思ったところで(ヨルディ)バイスがいいところにボールを落としてくれた。相手のDFとGKの事故のような形でこぼれましたが、落ち着いて決めることができて良かったです」と振り返った。現在のチーム状態については「連勝できてすごくいい状態です。練習からチームとしての競争もできているので、これからも続けていければ」と話した。

 今節はアルビレックス新潟、FC琉球のが揃って白星を逃し、連勝を続ける3位京都、4位ジュビロ磐田がトップ2に接近している。曺監督は「片方の刀で片方から切り裂くだけでJ2を乗り越えることはできない。そういう意味では前節の北九州戦とはまた違った成長を感じた勝ち点3です」と手応えを口にした。

SHARE

LATEST ARTICLE最新記事

RANKING今、読まれている記事

  • Daily

  • Weekly

  • Monthly

SOCCERKING VIDEO