FOLLOW US

【鳥栖vs横浜FCプレビュー】ホームで嫌な流れを断ちたい鳥栖…横浜FCは新監督の船出を白星で飾れるか

[写真]=J.LEAGUE、金田慎平

サガン鳥栖 黒星続くも守備には自信あり。問題はゴールを奪えるかどうか

【プラス材料】
 開幕節から6試合負けなし、しかも無失点で好スタートを切った。直近の2試合は無得点で2連敗と勢いを失ったように見える。しかし、今節の相手はここまで未勝利で最下位、リーグ最多失点の横浜FC。まずは、この組み合わせがプラス材料として挙げていいだろう。

 次に挙げられるのは、相変わらず被シュートの少なさが続いていること。リーグ戦8試合を終えて2失点は、ここまで勝利がない横浜FCにとって予想以上に大きい脅威となるはずだ。

 この2つのプラス材料だけでもアドバンテージと言えるが、DFファン・ソッコが出場停止明けということで、さらなるプラス材料と言える。前節は首位の川崎フロンターレを相手に「守備に関して引き締まったゲームをした」と、金明輝監督は下を向いていない。今節もサガン鳥栖のハイプレスが効きそうだ。

【マイナス材料】
 ここまで5試合に出場し、高さとカバーリングで好調な守備陣の一角を担ったDF田代雅也が出場停止となる。加えて、中盤でチームをコントロールしてきたMF島川俊郎が川崎F戦でケガを負った。相手につけ込まれるとすれば、代役に立つ選手のところかもしれない。しかし、複数ポジションをこなすことができる選手が多いので、さほどマイナスとはならないだろう。

 あえてマイナス材料を挙げるとすれば、3試合連続で無得点ということか。U-24日本代表で結果を残したFW林大地に期待したい。新型コロナウイルスの追加的防疫措置が明けて、新加入のFW2人ももうすぐ合流する。ここで結果を出したいところだ。

 リーグ最多失点の横浜FC相手に、4試合ぶりの勝利となるか。

文:totoONE編集部

横浜FC 時間がない中での指揮官交代劇は吉と出るか、凶と出るか

【プラス材料】
 0-3で敗れた前節のサンフレッチェ広島戦の翌日となる8日に下平隆宏監督の解任を発表。後任はかつて下平監督のもとでトップチームのコーチを務め、昨季からは横浜FC U-18の指揮を執っていた早川知伸氏が就くことが発表された。現役時代には横浜FCの選手としてプレーしており、選手の半数近くとは面識があるだけに立て直しの期待がかかる。

 その早川新監督が目指すサッカーも下平体制と似ており、スタイルの大幅な転換は考えにくい。慣れ親しんだスタイルのベースを生かしつつ、足りない部分をテコ入れして最下位からの浮上を目指すことになる。

 見方を変えてポジティブに捉えれば、まだ8試合が終わっただけと巻き返す時間は大いに残されている。クラブ史上初のJ1残留に向けて、今こそ力を見せる時だ。

【マイナス材料】
 シーズン序盤の監督交代は劇薬になる一方、一歩間違えれば大きく崩れてしまう危険性も秘めている。また、早川新監督はトップチームでの監督経験がなく、この緊急登板が初めての機会。クラブ全員でバックアップしていく作業が必要になりそうだ。

 また、広島戦から今節のサガン鳥栖戦までは準備期間がほとんどなく、大きな変化を加えることは難しい。改善を施さなければならない箇所がいくつもある中で、チームを立て直す作業は簡単ではない。

 そして、何より気になるのが選手のメンタル面。開幕からリーグ戦は1分7敗と勝ちがなく、正直、簡単に切り替えられる状態ではないだろう。フラットな状態からチームを作り直すのか、それとも前体制の形を踏襲するのか。とにかくピッチに立った選手が力を振り絞るしかない。

文:totoONE編集部

totoONEでは他の対戦カードのプレビューも公開中!

Jリーグ観るならDAZN!
1カ月無料体験はこちら


SHARE

LATEST ARTICLE最新記事

RANKING今、読まれている記事

  • Daily

  • Weekly

  • Monthly

SOCCERKING VIDEO