FOLLOW US

布陣変更が功を奏す! 福岡・長谷部監督「県民・市民の皆さんに勝利を届けることができて良かった」

 “昇格組”同士の対戦となった明治安田生命J1リーグ第4節、アビスパ福岡が逆転で今季初勝利を収めた。開始2分に先制を許す苦しい展開も、後半にエミル サロモンソン、金森健志のゴールで勝ち越しに成功。これで対徳島ヴォルティスは3連勝となった。

 前半劣勢を強いられた福岡は、後半開始からFW城後寿を下げて中盤の重廣卓也を投入。『4-4-2』から『4-3-3』へと布陣を変更する。後半からピッチに立った重廣は「まずは徳島のキーマンであるボランチ2枚を自由にさせないこと。負けている状況なので、3トップで相手の最終ラインにアタックして僕がボランチをケアする形でした」と話す。

 結果的にこの布陣変更が功を奏す。持ち前の前線からの激しいチェックとショートカウンターで流れを引き寄せて逆転勝利。決勝点をマークした金森健志は「フォーメーションを変更して、これがうまくハマったし、自分たちもやりやすかったです。手応えはあったので逆転できると思っていました」とコメントした。

 5季ぶりにJ1昇格を果たした福岡はこれが嬉しい今季初白星。長谷部茂利監督は「福岡県民・市民の皆さんに勝利を届けることができて良かったです。この一勝がどれだけの重みを持つかは分かりませんが、待ち望んだ勝利だと思いますし、福岡のファン・サポーターに『おめでとうございます』と言いたい」と語った。

SHARE

LATEST ARTICLE最新記事

RANKING今、読まれている記事

  • Daily

  • Weekly

  • Monthly

SOCCERKING VIDEO