FOLLOW US

Jエリートリーグの大会概要が発表! 開幕戦は3月8日、愛媛vs岡山に

2021Jエリートリーグの大会概要が発表 [写真]=金田慎平

 Jリーグは7日、2021Jエリートリーグの大会概要を発表した。

 Jエリートリーグとは、21歳以下の選手を中心とし、21歳以下(ポストユース)の選手の試合出場と、アカデミー所属選手の飛び級の機会を創出すること、さらにトップチームとアカデミー、そして地域との連携を深める機会を提供することを目的としている。

 大会方式はグループごとに総当たり2回戦制のリーグ戦だ。試合にエントリーできる人数は選手が18名、スタッフが7名。選手交代回数はハーフタイムを除く3回まで、人数は7名までで、「脳震盪による交代」も導入される。出場選手は参加クラブに所属している選手で、参加クラブに所属していない選手(練習生)はJリーグの承認を得てエントリー可能となる。また、2021年12月末日において満年齢21歳以下の選手3名以上をエントリーしなくてはならない。

 大会スケジュールは2021年3月8日から11月30日まで。オープニングマッチは8日に行われ、愛媛FCファジアーノ岡山が対戦する。なお、感染予防対策の観点から、同試合は無観客で行われることが決まった。

 グループの詳細は以下の通り

【グループA】:北海道コンサドーレ札幌水戸ホーリーホック浦和レッズ横浜F・マリノス清水エスパルス名古屋グランパス(6クラブ)

【グループB】:ガイナーレ鳥取ファジアーノ岡山徳島ヴォルティス愛媛FC(4クラブ)

【グループC】:アビスパ福岡V・ファーレン長崎鹿児島ユナイテッドFCFC琉球(4クラブ)


SHARE

LATEST ARTICLE最新記事

RANKING今、読まれている記事

  • Daily

  • Weekly

  • Monthly

SOCCERKING VIDEO