FOLLOW US

【横浜FMvs広島プレビュー】リーグ戦初勝利を目指す両チームが激突…昨季は1勝1敗で互いに譲らず

[写真]=金田慎平、J.LEAGUE

横浜F・マリノス システム変更で持ち味が復活。攻撃の核の復帰は追い風に

【プラス材料】
 3日に開催されたJリーグYBCルヴァンカップ第1節のベガルタ仙台戦で今季公式戦初勝利を挙げた。その試合ではシステムを「4-1-3-2」に変更し、前線からのプレスを強調。横浜F・マリノス本来のアグレッシブな姿勢が蘇り、MF水沼宏太からのクロスをFWオナイウ阿道が決めて1-0で勝利している。期待のストライカーが結果を残したことで、チームに勢いをもたらすだろう。

 さらに同じ試合では、プレシーズンに負傷離脱していたFWマルコス・ジュニオールが後半途中から出場して実戦復帰を果たした。2年連続2桁得点を挙げている攻撃の核が戻ってきたことで、前線の駒が揃ってきた。リーグ戦初勝利に向けて機運は高まっている。

【マイナス材料】
 開幕節は昨季王者の川崎フロンターレと対戦し、0-2で敗戦。攻守両面で相手のクオリティの高さに苦しみ、決定機もほとんど作り出せなかった。

 気になるのは、主力選手を負傷で欠く恐れがあること。ボランチでキャプテンのMF喜田拓也、それから今季新加入のブラジル人アタッカーFWエウベルのコンディションが万全ではない。高卒ルーキーのMF樺山諒乃介が台頭という要素はあるものの、ここまで目に見える結果を残せていないことも事実。左サイドのアタッカー不足という課題を解消しなければ上位を目指すのは難しいだろう。

 また、対戦相手のサンフレッチェ広島には昨季在籍していたFWジュニオール・サントスがいる。元所属選手に得点を許す傾向が強いため、より一層の警戒が必要だ。

文:totoONE編集部

サンフレッチェ広島 異質のエース候補は古巣相手に実力を発揮できるか

【プラス材料】
 開幕節のベガルタ仙台戦で新加入のFWジュニオール・サントスがゴールを決め、素晴らしいスタートを切れた。どんな場所でも、どういうタイミングでも得点を狙いにいく貪欲さは、これまで崩しの形にこだわることが多かったサンフレッチェ広島にとっては異質。ザラッとした異物感は抜けきれていないが、それが逆に魅力となっている。

 また、JリーグYBCルヴァンカップ第1節の清水エスパルス戦で先発したFW鮎川峻も、ゴールこそ奪えなかったものの決定的なシュートを2本放ったほか、前線からの連続したチェイシングでチームの守備を助けた。特に彼の献身的な守備は、今季の広島が目指すものであると同時に、他のFWにはない特質。中3日での試合となるが、横浜F・マリノスのストロングポイントを消すという意味でも、彼が先発でピッチに立っても驚かない。

【マイナス材料】
 開幕節は10人となった仙台にほとんど何もさせていない状況だったにも関わらず、90分に失点して勝ち点2を失った。ルヴァンカップの清水戦でも、相手よりも多くのチャンスを得て試合の主導権を握っていたのにスコアレスドロー。決して悪くはないが、勝利を握れていない現状はポジティブではない。

「4-4-2」の新システムは、守備においては整理されているものの、本来の目的である攻撃力アップにはまだ時間がかかると見るしかない。特にJ・サントスについては「まだ彼の力の半分くらいしか引き出せていない」と指揮官は見ており、彼のスタイルをチームとして生かしきれていないのが現状だ。サイドとセンター、どちらからも崩せる攻撃を構築するためには、選手同士のコンビネーションとコミュニケーションを深める必要がある。

文:紫熊倶楽部 中野和也

totoONEでは他の対戦カードのプレビューも公開中!

Jリーグ観るならDAZN!
1カ月無料体験はこちら


SHARE

LATEST ARTICLE最新記事

RANKING今、読まれている記事

  • Daily

  • Weekly

  • Monthly

SOCCERKING VIDEO