FOLLOW US

【名古屋vs札幌プレビュー】通算対戦成績は全くのイーブン…“盾”の名古屋が“矛”の札幌を迎え撃つ

[写真]=J.LEAGUE

名古屋グランパス 過密日程の回避でコンディションは万全の状態にある

【プラス材料】
 水曜日に行われるはずだった前倒し分の第11節が中止・延期となり、開幕早々の中2日連続というハードスケジュールを回避できたことは、名古屋グランパスのコンディショニングにとってはポジティブに捉えられるところ。負傷を抱えての出場だったDF成瀬竣平らに十分な休養を与えられたことで、ターンオーバーという要素抜きにメンバー選考ができることもプラスだ。

 北海道コンサドーレ札幌との試合は相手の出方によって展開が読みにくいところがあり、前線の構成もマッシモ・フィッカデンティ監督がどう試合を想定するかによって変わる。そこで期待されるのは開幕節でベンチ外だったMF阿部浩之だ。コンディション不良でないことは、中止試合のピッチを使って行われた公開練習で確認済み。どんな状況でも力を発揮する攻撃センスで試合の主導権を引き寄せる。

【マイナス材料】
 開幕節を勝利で飾り、幸先の良いスタートを切ったチームにマイナス面はさほど見当たらない。成瀬の状態が気がかりなところではあるが、DF宮原和也やDF森下龍矢らもコンディションは良く、チームに穴が空くことはないだろう。

 唯一未知数なのがDF陣の感覚の面で、キャンプから通じていまだJ1上位クラスの攻撃を受けていない状況が続いている。前節もアビスパ福岡の選手たち自身が個の能力差を口にしていた中で、今節初めて“J1の攻撃”を受ける守備陣がどれほどの強度を出すことができるか。隙を作らず、綻びを見せず。自慢の堅守の状態を試される一戦ということは言えそうだ。

文:今井雄一朗

北海道コンサドーレ札幌 圧倒的な破壊力を誇る攻撃陣は火力を維持できるか

【プラス材料】
 リーグ開幕戦だった前節は横浜FCに5-1で快勝。試合開始4分で2得点を奪い、前半だけで4得点をマークした。水曜日のJリーグYBCルヴァンカップ第1節・アビスパ福岡戦でも3得点を挙げ、ここまで公式戦2連勝で計8得点を記録。攻撃的なサッカーを標榜するチームが、まだ2試合とはいえ見事に結果に表すことができている。

 特筆すべきは、その2試合でターンオーバーを敢行しており、リーグ開幕戦とルヴァンカップとではメンバーが大きく異なっている。誰が出ても同じように攻撃的なスタイルが貫けている証だろう。高卒ルーキーのFW中島大嘉はルヴァンカップでプロデビューを飾り、そしてプロ初ゴールも記録。結果・内容以外にもプラス材料が生まれている。

【マイナス材料】
 現状は公式戦2連勝ということで、どう考えてもプラス材料のほうが多い状況ではあるが、あえて言うならば、やはりチームがまだキャンプ中で、疲労の蓄積があるという部分だろう。今回の名古屋グランパス戦もキャンプ地である熊本県から赴く形となっている。

 ここまでリーグ開幕戦とルヴァンカップ開幕戦の2試合に勝利しているが、心身ともに疲労が蓄積していることは間違いない。現状でチーム状況は良好だが、あえて見つけるならば、やはりコンディションの部分だろう。

文:totoONE編集部

totoONEでは他の対戦カードのプレビューも公開中!

Jリーグ観るならDAZN!
1カ月無料体験はこちら


SHARE

LATEST ARTICLE最新記事

RANKING今、読まれている記事

  • Daily

  • Weekly

  • Monthly

SOCCERKING VIDEO