FOLLOW US

Jリーグが“ネットいじめ”防止啓発動画を公開 25年前いじめ防止CMに出演した前園真聖を起用

前園が出演する啓蒙動画のワンカット

 Jリーグは4日、元日本代表の前園真聖氏を起用した、SNSによる誹謗中傷防止のための啓発動画を、同日14 時より行われる法務省、全国人権擁護委員連合会、公益財団法人人権教育啓発推進センター3社主催による「インターネットと人権・オンラインフォーラム~心ない投稿・コメントで人を傷つけないために~」にて初公開。Jリーグ公式YouTubeチャンネルに掲載されている他、2021シーズンの全試合会場の大型ビジョンでも使用すると発表した。

 Jリーグは、昨今のSNS普及などによる人格否定・誹謗中傷の問題が深刻化し、スポーツ界においてもクラブや選手に対する同問題が大きくなっていることを受け、「この問題を少しでも抑制し、一部の心ない人間によって心を痛めている多くの選手やファン・サポーターを守るために、SNSによる誹謗中傷防止のための啓発映像『ネットいじめ、カッコ悪い。』を制作」したと発表。

 映像では「いじめ」「サッカー」「啓発CM」の3つのテーマから連想される人物として、25年前に「いじめ、カッコ悪い。」を掲げたACジャパンが展開したCMにて社会問題に対し自らのメッセージで呼びかけ反響を呼んだ前園氏をメッセンジャーに起用している。

 前園氏は起用に際し、「25年前に違う形で社会に問題提起をさせてもらって、今はスポーツ界でも社会でもネットでの誹謗中傷の問題は凄く深刻なものがあるので、自分の言葉で皆さんに語り掛けるじゃないですけど、そういう思いでやらせてもらいました」とコメント。25年前の自身の映像については「あんな感じでよくやっていたなって思いました(笑)。もう少し紳士的に…あの時の自分に言い聞かせてやりたい」とおどけつつ、「あの経験をさせてもらったおかげで、また今回こういう話をいただけたので、非常に良い経験だなと思っています」と振り返っている。

 25年の歳月を経て、「年齢を積み重ねて僕自身も人生の中でいろんな失敗やいろんな経験をしたので、当然考え方も変わっていますし、自分が今の立場になってスポーツだけでなく、いろんなメディアの中で発言する上で、昔より今の方が責任感を感じますし、自分の言葉一つで周りの環境も変わってくると思うので、責任感は昔もあったつもりですが、今はよりそれを感じています」と、自身の考え方などの変化についても語っている。

SHARE

LATEST ARTICLE最新記事

RANKING今、読まれている記事

  • Daily

  • Weekly

  • Monthly

SOCCERKING VIDEO