FOLLOW US

相模原がDeNAの経営参画発表…”ライバルIT企業”参入に町田オーナーの藤田氏も反応

相模原がDeNAの経営参入を発表した

 SC相模原は25日、株式会社ディー・エヌ・エー(DeNA)が経営に参画すると発表した。

 SC相模原は「2021年4月にSC相模原の株式19%の取得とトップスポンサーとしての協賛を開始する予定です」と今後の予定を発表。さらに「新たな株主発生について、2021年2月25日(木)に開催された公益社団法人日本プロサッカーリーグ(Jリーグ)の理事会で承認を得た」とあわせて発表した。

 DeNAも同日公式サイトでリリースを掲載。今後の展望について以下のように伝えた。

「『SC相模原』は、2008年に元Jリーガーの望月重良(現:スポーツクラブ相模原 代表取締役会長)が神奈川県社会人リーグ3部のクラブとして創設後、わずか6年でJ3リーグへ昇格し、さらに今年J2リーグへの昇格を果たしたプロサッカークラブです」

「DeNAは、ゲームやエンターテインメント、ヘルスケアやオートモーティブといった様々な領域のサービスを提供してきたIT企業で、2011年12月のプロ野球参入を皮切りに、長距離陸上、プロバスケットボールなどスポーツ事業の取り組みを広げ、チーム運営のみならずスタジアムや街づくりへの発展に努めてきました」

「両社は今後、DeNAが「横浜DeNAベイスターズ」や「川崎ブレイブサンダース」を通じて培ってきたプロスポーツマネージメントのノウハウを生かし、「SC相模原」のチームやビジネス力の強化、試合観戦を中心としたエンターテインメント性の向上、ホームタウンを中心とした地域への貢献拡大を目指します」

 また、これにはサイバーエージェント、AbemaTVで社長を務め、FC町田ゼルビアのオーナーの藤田晋氏も反応。ライバルのIT企業参入を受けて同氏は「これは負けられないやつ」と触れている。

SHARE

LATEST ARTICLE最新記事

RANKING今、読まれている記事

  • Daily

  • Weekly

  • Monthly

SOCCERKING VIDEO