FOLLOW US

Jリーグが北九州に対する懲罰を発表…誤った入場者数算入でけん責と罰金200万円

Jリーグが北九州に対する懲罰を発表した

 Jリーグは12日、ギラヴァンツ北九州に対する懲罰が決定したことを発表した。

 Jリーグは「ギラヴァンツ北九州は、2010シーズンにJリーグに入会後、2015シーズン及び2016シーズンの 2年間を除く2020シーズン第19節までのホームゲーム全159試合において、Jリーグ規約及びリーグ戦試合実施要項が規定する入場者数の算定方法を用いておらず、入場者に算入できない運営ボランティア、運営スタッフ、出店者、メディア関係者を入場者に算入し、結果的にJリーグに提出する公式記録に少なくとも1試合50~130 名程度過大な、誤った入場者数を記載した」として裁定委員会への諮問の結果、けん責と罰金200万円の懲罰を科すと発表した。

 また、北九州は公式サイトで「ギラヴァンツ北九州を応援して頂いている全ての皆様へ」と題し声明を掲載した

ギラヴァンツ北九州がJリーグに加盟した2010年から途中2年間を除く、約9年間のホームゲームについて、Jリーグ規約などを順守せず、誤った入場者数を報告しておりました。Jリーグから懲罰決定を通知されました。クラブが苦境に追い込まれている時も、変わらぬ応援・支援をしていただいているファン・サポーターの皆様、スポンサー企業の皆様、ホームタウン・北九州市、フレンドリータウンの自治体の皆様、すべての北九州の皆様の信頼を大きく損なう事態を招いたことを深く、深く、お詫び致します。誠に申し訳ありませんでした」

「今後、ホームゲームに関して、各部門の運営を総点検して厳格なマニュアルを整備するとともに、社員教育を徹底。ゲーム開催時に順守状況をチェックする体制を整えて再発防止に全力を尽くし、皆様方との信頼回復を図ってまいります。どうか引き続き、応援、支援をよろしくお願い致します」

SHARE

LATEST ARTICLE最新記事

RANKING今、読まれている記事

  • Daily

  • Weekly

  • Monthly

SOCCERKING VIDEO