FOLLOW US

大黒将志氏がG大阪アカデミーのストライカーコーチ就任! 16年ぶりの“古巣復帰”に

大黒将志氏がG大阪アカデミーのコーチ就任

 ガンバ大阪は22日、2021シーズンから元日本代表FW大黒将志氏がアカデミーのストライカーコーチに就任することを発表した。

 大黒氏は大阪府出身の現在40歳で、自身もG大阪の育成組織出身。現役時代は1999年〜2000年、2002年〜2005年の2度G大阪に所属し、2005年のJ1リーグ初優勝などに貢献した。その後はグルノーブルやトリノなど欧州クラブでも活動し、帰国後はFC東京や横浜F・マリノス、京都サンガF.C.、栃木SCなどでもプレーした。

 同氏はクラブキャリアではJ1リーグ通算204試合出場69得点、J2リーグ通算260試合出場108得点を記録した。また、日本代表では22キャップと5ゴールを数え、2006年のFIFAワールドカップ ドイツなどに出場した。

 約16年ぶりの古巣復帰を果たした大黒氏は、発表に際しクラブ公式サイトを通じて次のようにコメントしている。

「今年からガンバ大阪で育成年代のコーチをやらせて頂くことになりました!本当にありがとうございます! 僕も育てて頂いたガンバ大阪で指導者を始めさせてもらえることに感謝の気持ちでいっぱいです」

「1人でも多くトップチームで長く活躍できる選手を輩出できるようにがんばります。FWの選手達はどこでもいつでも誰とプレーしてても点が取れるような選手になってもらえるように一緒に努力して共に成長していけたらと思います。ガンバ大阪に貢献できるよう全力でがんばりますのでよろしくお願いします!」

SHARE

LATEST ARTICLE最新記事

RANKING今、読まれている記事

  • Daily

  • Weekly

  • Monthly

SOCCERKING VIDEO