FOLLOW US

齋藤学が定位置争いに意欲、名古屋の印象は「対戦相手としては嫌でしたけど…」

新加入の齋藤学 [写真]=N.G.E.

 名古屋グランパスは17日に新体制発表会を行い、川崎フロンターレから新たに加入したFW齋藤学らが出席した。発表会後には会見が行われ、齊藤が新天地での決意を語った。

現在30歳の齋藤は横浜F・マリノスの育成組織出身で、愛媛FCへの期限付き移籍から復帰した2012年にブレイク。同年のロンドン・オリンピックに出場し、2014年にはFIFAワールドカップ ブラジルの日本代表に選出された。2016年シーズンはJ1リーグで33試合出場10ゴールを記録し、初めてベストイレブンに輝いた。

 2018年に出身地のクラブである川崎Fへ完全移籍し、2度のJ1リーグ優勝を経験。ただ、自身は先発出場の機会を十分に得られず、J1リーグで挙げた3シーズン合計の得点数はわずか「4」。再起を期し、今冬に新たな挑戦を求めた。

 名古屋では柿谷曜一朗や相馬勇紀、マテウス、前田直輝らとの激しいポジション争いが予想される。齋藤は「少し抽象的ではありますが、勝つために必要なことをしたいです。一つのプレーというよりは、カットインをしたり、縦に突破してクロスを上げたり、『その状況で何が必要なのか?』を考えてプレーできるようになったと思っているので、そういった部分を出していきたいです」と、定位置確保への意欲を示した。

 同選手は名古屋への完全移籍を決断した理由について、「より厳しい環境に身を置くというか、激しい競争の中でプレーする自分に懸けてみようと思い、移籍を決めました」とコメント。また、実際に敵として対戦した際の印象も、決断に大きな影響を与えたことを明かした。

「昨シーズンにグランパスと対戦した際、球際の強さや闘う姿勢など、アグレッシブな印象を受けました。サイドアタッカーとしては、(名古屋ではドリブルを)仕掛けることが多くなると思います。『100パーセント相手を抜ける』という状況ではない中で、ヨネ(米本拓司)や稲垣(祥)選手、(長澤)和輝といった選手が後ろにいるという点は、チームを選ぶ上で大きな理由になったと思います。安心して仕掛けることができますから」

「マッシモ(・フィッカデンティ)監督とはこれまで敵として対戦してきて、『日本人監督がやらないようなことをしてくる』と感じていました。対戦相手としては嫌でしたけど、自分の監督になった時にどうなるのか、楽しみにしています」

 齋藤は名古屋での目標について、タイトル獲得、そして川崎Fで自身が実際に目撃した“ベテランの進化”の2つを掲げている。

「優勝したいです。横浜FMでは天皇杯、川崎Fでは3年で4つのタイトルを獲らせてもらいました。それらは過去のことですけど、その時の喜びは覚えています。なので、それを新しいチームでもと強く思っています」

「(2021年4月で)31歳になりますけど、これまで毎年、勝負して、挑戦して、成長してこられたという実感があります。僕はまだまだ上にいけると思っています。川崎Fでは(中村)憲剛さん、(小林)悠くん、アキさん(家長昭博)が30歳を過ぎてからMVPを取っています。歳を重ねるごとにすごくなっていく姿を見てきたので、自分もさらに高いレベルの選手になれるように、名古屋の地で成長できればなと思っています」

「もちろん、そういった選手は考えられないような努力をしてきたと思います。本人たちは努力と思っていないかもしれないですけどね。自分がすべきことをしっかりとやっていければな、と思います。MVPを取りたいというわけではなく、自分が成長することでチームの結果に反映され、優勝することが一番です。まずはチームのために闘いたいなと思います」

SHARE

LATEST ARTICLE最新記事

RANKING今、読まれている記事

  • Daily

  • Weekly

  • Monthly

SOCCERKING VIDEO