FOLLOW US

鳥栖DF⼩林祐三が今季限りでプロ生活に終止符…関東1部のクリアソン新宿へ移籍

⼩林祐三がプロ生活に終止符を打つことになった

 サガン鳥栖は3日、DF⼩林祐三が2020シーズン限りでプロ生活に終止符を打ち、関東サッカーリーグ1部所属のCriacao Shinjuku(クリアソン新宿)に移籍すると発表した。

 現在35歳の小林は静岡学園高校を卒業し2004年に柏レイソルに加入。J2への降格を経験したがチームの主力として活躍した。2011年に横浜F・マリノスへ完全移籍。2013年には天皇杯JFA第93回全日本サッカー選手権大会で優勝を経験した。2017シーズンには鳥栖に入団し、4シーズンで明治安田生命J1リーグ64試合出場を記録している。

 小林はプロサッカー選⼿引退に際し「Jリーグというステージで⻑年プレーさせていただき、たくさんの素晴らしい経験ができました。同時に今の⾃分がJ リーグというステージでやれること、やりたいことがなくなってしまった感覚があるので、この度プロサッカー選⼿を引退することにしました。それでもサッカーには、まだ⾒ぬ可能性があると信じています。これからは今までとは違うやり⽅でサッカー、⾃分⾃⾝のプレーを追求して、前に進んでいきます。ファン、サポーター、スポンサーの皆様には改めて感謝申し上げます。17年間本当にありがとうございました。また皆様にお会いできる⽇を楽しみにしています」とコメントしている。


SHARE

LATEST ARTICLE最新記事

RANKING今、読まれている記事

  • Daily

  • Weekly

  • Monthly

SOCCERKING VIDEO