FOLLOW US

3位名古屋は3連勝を逃す…大分と引き締まった好ゲームもスコアレスドローに終わる

J1第30節で名古屋と大分が対戦した [写真]=J.LEAGUE

 明治安田生命J1リーグ第30節が行われ、名古屋グランパス大分トリニータが対戦した。

 前節川崎フロンターレのJ1優勝が決まったが、今後の注目ポイントは2位以上に与えられる天皇杯の出場権と、3位以上に与えられるACL(アジア・チャンピオンズリーグ)の出場権争い。現在2連勝中の3位名古屋はその2つの可能性を残しており、今節は大分をホームに迎えた。

 先にチャンスを迎えたのは名古屋だった。5分、MFマテウスが敵陣で倒され良い位置でのFKを獲得する。これをマテウスが自ら左足でシュートを放った。ボールは強烈に蹴り出されるも、相手の壁に防がれてしまう。

 その後は一進一退の攻防。互いに敵陣に攻め込むも、なかなか決定的のシーンを作ることができない。両チームの粘り強い守備が目立った前半は、スコアレスで折り返す。

 迎えた後半も、引き続き両チームともなかなか決定的なチャンスを作ることができない。

 しかしそんな中、60分に大分がチャンスを迎えた。敵陣深くの右サイドからMF田中達也が右足でクロス。これをFW高澤優也が敵陣ペナルティエリア左から中央へ折り返すと、最後はDF星雄次がヘディングシュートを放った。ボールはゴール左に外れるも、ついに大分が決定機を作る。

 一方の名古屋もその2分後に反撃。敵陣中央左サイドからのロングボールを、FW前田直輝が敵陣ペナルティエリア左でトラップいて収める。前田はややタメを作り、後ろに走り込んでいたマテウスへパス。マテウスは得意の左足を振り抜くも、シュートは枠の上へ外れた。

 その後は大分がペースを握る展開。高澤や途中出場のFW知念慶が次々とシュートを放つ。しかし、GKランゲラックが守る名古屋のゴールをこじ開けることはできない。そして名古屋としてもマテウスや途中出場のFW相馬勇紀を中心に大分のゴールを目指すも、こちらも決定的なチャンスを作ることはできず。

 後半のアディショナルタイムは6分の表示。大分は敵陣ペナルティエリア手前右から上がったクロスに、DF三竿雄斗がヘディングシュート。しかしこれはランゲラックが好セーブを見せ、大分もゴールを奪うことができず。

 結局、終始引き締まったこの試合は、0ー0でタイムアップを迎えた。

 3連勝を逃した名古屋は、次節アウェイで柏レイソルと、大分はホームでベガルタ仙台と対戦する。

【スコア】
名古屋グランパス 0ー0 大分トリニータ

SHARE

LATEST ARTICLE最新記事

RANKING今、読まれている記事

  • Daily

  • Weekly

  • Monthly

SOCCERKING VIDEO

LIVE DATA