FOLLOW US

川崎Fが3度目のJ1制覇! 家長ハットなどでG大阪粉砕…最速優勝、最多勝ち点更新

川崎FがG大阪を下して最速優勝を決めた [写真]=金田慎平

 明治安田生命J1リーグ第29節が25日に行われ、首位の川崎フロンターレと2位のガンバ大阪が対戦した。

 引き分け以上でリーグ優勝が決定する川崎Fは、序盤から押し込む展開となり、22分に幸先よく先制する。ボックス近辺に人数を置いて守るG大阪に対し、川崎Fはブロックの外でパスを回すなか、レアンドロ・ダミアンが虚をつく加速でゴール前に飛び込む。この動きを察知した登里享平が左から低くて速いアーリークロスを供給すると、L・ダミアンはダイレクトで押し込んだ。

 川崎Fは前半終了間際の45分、セットプレーから追加点を獲得する。右サイドのコーナーキックから田中碧がアウトスイングのボールを供給すると、中でL・ダミアンが頭でコースを変え、最後はフリーになった家長昭博が押し込んだ。

 川崎Fは後半開始早々にもリードを広げる。49分、中盤でこぼれ球を拾った三笘薫がドリブルで一気に加速。大島僚太は左に流れて相手を釣り出し、三笘は右サイドの空いたスペースにいた家長へのスルーパスを選択。家長が右足を振り抜いて放ったシュートは、相手GKの手を弾いてゴールに吸い込まれた。

 73分、川崎Fがさらに点差を広げる。自陣でのボール奪取を回収した登里が左サイドで相手を剥がし、ボールはL・ダミアンを経由して相手DFラインの裏を取った三笘に渡る。三笘はゴール前まで一気に加速し、最後は併走していた家長にラストパス。家長はこれをしっかりと流し込み、ハットトリックを達成した。

 90分には旗手怜央が放ったシュートのこぼれ球を齋藤学が押し込み、川崎Fがダメ押しの5点目を奪う。試合はこのまま終了し、勝利した川崎Fが2年ぶり3度目のリーグ優勝を決めた。4試合を残しての優勝決定は、2010シーズンの名古屋グランパスが記録した残り3試合を抜いて歴代最速を更新。また、G大阪戦での勝利によって今季の勝ち点を「75」に伸ばし、2015年のサンフレッチェ広島と2016年の浦和レッズが記録した「74」を抜いて、歴代最多の勝ち点記録も更新した。

【スコア】
川崎フロンターレ 5-0 ガンバ大阪

【得点者】
1-0 22分 レアンドロ・ダミアン(川崎F)
2-0 45分 家長昭博(川崎F)
3-0 49分 家長昭博(川崎F)
4-0 73分 家長昭博(川崎F)
5-0 90分 齋藤学(川崎F)

SHARE

LATEST ARTICLE最新記事

RANKING今、読まれている記事

  • Daily

  • Weekly

  • Monthly

SOCCERKING VIDEO

LIVE DATA