FOLLOW US

ケガ人続出の大宮で“泣きっ面に蜂”…DF河本裕之とDF渡部大輔が負傷離脱

負傷者が続出している大宮アルディージャ [写真]=兼子愼一郎

 大宮アルディージャは30日、DF河本裕之とDF渡部大輔の負傷状況を発表した。

 河本と渡部は21日に行われた明治安田生命J2リーグ第28節の松本山雅FC戦で負傷した。河本は左頬骨骨折と診断され、29日にさいたま市内の病院にて手術を行ったことが伝えられている。全治までは約1か月を要する見込みだ。一方、渡部は右ハムストリング肉離れという診断結果が出ており、6週間ほどの離脱になると発表されている。

 今シーズンの明治安田生命J2リーグ第29節終了時点で、河本は18試合に、渡部は23試合に出場していた。大宮は9勝9分11敗の勝ち点「36」で16位となっている。

 現在、大宮には負傷者が続出している。既にMF石川俊輝、DF河面旺成、MF酒井宣福、MF嶋田慎太郎らの離脱が発表されていた。加えて河本と渡部の戦線離脱が決定し、厳しい台所事情の中でシーズン終盤戦を戦うことになる。

Jリーグ観るならDAZN!
1カ月無料体験はこちら


SHARE

LATEST ARTICLE最新記事

RANKING今、読まれている記事

  • Daily

  • Weekly

  • Monthly

LIVE DATA