FOLLOW US

横浜FMの仙頭啓矢、期限付き移籍で京都へ復帰「自分の力を全部注ぎます」

横浜FMでは3試合の出場にとどまった仙頭 [写真]=金田慎平

 横浜F・マリノスは26日、同クラブに所属しているMF仙頭啓矢京都サンガF.C.へ期限付き移籍することを発表した。移籍期間は2021年1月31日までとなっており、2020シーズン公式戦における横浜FMとの対戦には出場できないことも決まっている。27日から京都のトレーニングに合流する予定だ。

 期限付き移籍に際し、仙頭は横浜FMのクラブ公式HPでコメントを発表。「京都サンガF.C.に期限付き移籍することになりました。F・マリノスで学んだことをしっかりと活かしていきたいと思っております。引き続き応援していただけると嬉しいです。ありがとうございました」とメッセージを残している。

 一方、新天地となる京都のクラブ公式HPでは「また、自分を必要としてくれたクラブに感謝しています。チームのJ1昇格を達成する為に、自分の力を全部注ぎます。昨年までの悔しい思いを背負って、毎試合力を出し切ります。応援よろしくお願いします」と意気込みを語った。

 仙頭は1994年12月29日生まれの現在25歳。京都橘高校、東洋大学を経て、2017年に京都へ加入した。京都では3シーズンに渡ってプレーし、明治安田生命J2リーグ通算で99試合に出場し16ゴールを記録している。今シーズン開幕前に横浜FMへ移籍したものの、定位置を確保することはできず。明治安田生命J1リーグでは3試合の出場にとどまっていた。

 今シーズン、京都は明治安田生命J2リーグ第21節終了時点で9勝7分け5敗の勝ち点「34」で5位につけている。昇格圏にいる2位の徳島ヴォルティスとは勝ち点「9」差となっている。

Jリーグ観るならDAZN!
1カ月無料体験はこちら


SHARE

LATEST ARTICLE最新記事

RANKING今、読まれている記事

  • Daily

  • Weekly

  • Monthly

LIVE DATA