FOLLOW US

浦和DF山中、加入後初得点は「称えるべき」と敵将も認めるスーパーゴール

山中亮輔は清水エスパルス戦で先制ゴールをマークした [写真]=Jリーグ

 目の覚めるような一撃だった。浦和レッズ山中亮輔は、23日に行われた明治安田生命J1リーグ第18節・清水エスパルス戦で先制ゴールをマークし、2-1の勝利に貢献した。

 立ち上がりから清水がボールを保持する展開のなか、浦和にとって最初のビッグチャンスを仕留めた。21分、右CKを相手DFが跳ね返したところに駆け寄ると、迷わず左足一閃。強烈なミドルシュートはブレ球となってゴールネットの右角に突き刺さった。相手GKが反応しようにも届かず、清水のピーター・クラモフスキー監督も「非常に良いシュートを打たれてしまった。相手を称えるべき」と認めざるを得ないスーパーゴールだった。

 ミドルシュートは山中の持ち味の一つであるが、昨シーズンから所属している浦和ではこれが初ゴールとなった。山中は「すごく時間がかかってしまった」と反省を口にしたものの、首位・川崎フロンターレと戦った前節から中2日でアウェイ戦という厳しい日程のなかで、先制点がチームにもたらした影響は大きい。

今節を含め、今シーズンの浦和は先制すれば7勝1分と負けていない。山中は「先制したからどうってことはなくて、選手としてはいつも必死にやっている」と話したが、明確な結果が自信に結びついている。今節もリードを奪った後は守備を固めながら時間を進め、カウンターから追加点を狙うというしたたかな試合運びを見せ、清水の反撃を1点に抑えて逃げ切った。

 今後もタフなスケジュールが続くうえで得点パターンは多いに越したことはなく、山中にも期待が掛かる。また、相手チームが山中への警戒心を強めれば、他の選手にもチャンスが巡ってくる可能性は増えるだろう。

「今日は1つ取れましたけど、まだまだ数字にこだわってやらないといけないと思っている。また連戦が続くので、チャンスの中で何回も左足の部分、自分の特徴を出していけるようにしたい」

 攻守両面で存在感を発揮する山中は“武器”である左足で猛威を振るい、チームに貢献する。

Jリーグ観るならDAZN!
1カ月無料体験はこちら


SHARE

LATEST ARTICLE最新記事

RANKING今、読まれている記事

  • Daily

  • Weekly

  • Monthly

LIVE DATA