FOLLOW US

川崎が“首位攻防戦”を制し7連勝…広島は敵地で約1か月ぶり白星/J1第8節

広島が第2節以来の白星を手にした [写真]=金田慎平

 8月1日から2日にかけて、明治安田生命J1リーグ第8節が各地で行われた。

 前節終了時で首位に立っていた川崎フロンターレと2位につけていたガンバ大阪が対戦。注目の“首位攻防戦”では、川崎の大島僚太が放った強烈なミドルシュートが決勝点に。7連勝を記録した川崎が首位をキープしている。

 サンフレッチェ広島は横浜FCの本拠地に乗り込んだ。22分に東俊希の浮き球パスに抜け出した森島司が先制点を挙げると、37分には青山敏弘のクロスからフリーになっていたドウグラス・ヴィエイラが落ち着いてネットを揺らす。広島が横浜FCを2-0で下し、7月4日に行われた第2節ヴィッセル神戸戦以来となる勝ち点3を獲得した。

 昨シーズン王者の横浜F・マリノスは敵地でベガルタ仙台と対戦。序盤からボールを握りながらもなかなかゴールを決め切ることができず、このままスコアレスドローかと思われたが、後半アディショナルタイムに左サイドからのクロスをマルコス・ジュニオールが叩き込み値千金の決勝弾。今シーズンのアウェー戦で初勝利を手にした。

 セレッソ大阪と湘南ベルマーレの一戦では、72分に清武弘嗣が沈めたPKが決勝点となりC大阪が勝利。3試合ぶりの白星を手にし、順位を2位に押し上げた。開幕からなかなか勢いに乗り切れない鹿島アントラーズは、エヴェラウドがハットトリックの大暴れ。大分トリニータを4-1で下している。

 J1第8節の結果と順位表、また次節の予定は以下の通り。

■J1第8節
ベガルタ仙台 0-1 横浜F・マリノス
横浜FC 0-2 サンフレッチェ広島
名古屋グランパス 0-1 柏レイソル
浦和レッズ 1-1 清水エスパルス
FC東京 2-3 サガン鳥栖
湘南ベルマーレ 0-1 セレッソ大阪
ガンバ大阪 0-1 川崎フロンターレ
大分トリニータ 1-4 鹿島アントラーズ
北海道コンサドーレ札幌 2-3 ヴィッセル神戸

■J1順位表
1位 川崎(勝ち点22/得失点差+15)
2位 C大阪(勝ち点17/得失点差+4)
3位 G大阪(勝ち点16/得失点差+4)
4位 柏(勝ち点15/得失点差+7)
5位 名古屋(勝ち点14/得失点差+6)※1試合未消化
6位 FC東京(勝ち点14/得失点差+2)
7位 浦和(勝ち点14/得失点差ー1)
8位 札幌(勝ち点12/得失点差+2)
9位 神戸(勝ち点12/得失点差ー1)
10位 広島(勝ち点10/得失点差+5)※1試合未消化
11位 横浜FM(勝ち点10/得失点差ー1)
12位 鹿島(勝ち点7/得失点差-3)
12位 鳥栖(勝ち点7/得失点差-3)
14位 大分(勝ち点7/得失点差-7)
15位 仙台(勝ち点6/得失点差-6)
16位 清水(勝ち点5/得失点差-6)
17位 横浜FC(勝ち点5/得失点差-11)
18位 湘南(勝ち点4/得失点差-6)

■第9節対戦カード
▼8日
18:00 清水 vs 札幌
18:00 名古屋 vs 浦和
18:30 鹿島 vs 鳥栖
19:00 川崎 vs 大分
19:00 横浜FM vs 柏
19:00 G大阪 vs 横浜FC
19:00 神戸 vs 仙台
▼9日
18:00 広島 vs 湘南
19:00 C大阪 vs FC東京

Jリーグ観るならDAZN!
1カ月無料体験はこちら


SHARE

LATEST ARTICLE最新記事

RANKING今、読まれている記事

  • Daily

  • Weekly

  • Monthly

LIVE DATA