FOLLOW US

【湘南vsC大阪プレビュー】通算対戦成績は1勝差で湘南がリード…C大阪は白星を挙げてタイに持ち込めるか

[写真]=兼子愼一郎、J.LEAGUE

湘南ベルマーレ ホームでの相性の良さを勝利につなげられるか

【プラス材料】
 前節は首位の川崎フロンターレにアウェイで敗れ、連勝とはならなかった。ただ、前半を無失点でしのぎ、後半に先制点を挙げた展開自体は悪くないだろう。特に前半は相手にボールを持たれて守勢に回ったものの、湘南ベルマーレらしく粘り強く守ってゲームを作った。

 今季加入したFWタリクに初ゴールが生まれたこともポジティブな要素だ。浦和レッズとの開幕戦でPKを外してからというもの、なかなか得点機会が訪れなかったが、川崎F戦ではMF古林将太のクロスに合わせて鮮やかなバイシクルシュートを決めた。このノルウェー代表FWはこれまでもチャンスメイクにかかわり、守備を含めて献身性は高い。さらに1点取ったことで波に乗れれば、チームにとって一層心強い存在となるに違いない。

【マイナス材料】
 前節の川崎F戦では粘り強く守って先制に成功したものの、その後はミスもあってカウンターから失点を重ね、逆転負けを喫した。

 リーグ戦の成績は目下1勝にとどまる。また、これまで複数失点したゲームは7試合中4試合に及び、加えて逆転負けは川崎F戦を含めて3試合を数える。攻撃的なスタイルは失点のリスクと隣り合わせだが、複数得点も記録しているだけに、一瞬の隙を駆逐して持ち前のハイプレスからボールを奪って良い攻撃へとつなげたい。

 今節迎えるセレッソ大阪との通算対戦成績は17勝3分16敗。ホームでは10勝1分6敗といずれも白星が先行しているが、昨季は2戦2敗と勝ち点を奪えていない。ミゲル・アンヘル・ロティーナ監督率いるC大阪に対し、今節は初勝利なるか。

文:隈元大吾

セレッソ大阪 堅守は健在。勝利のためには決定力の向上が不可欠

【プラス材料】
 守備陣の活躍が光っている。前節のサガン鳥栖戦ではDF松田陸が2度も相手の決定的なシュートを防ぐなど、体を張った守りで堅守を披露した。過密日程による連戦でターンオーバーも少ない中、高い集中力を保ってディフェンスしている。

 また、前節では途中出場の選手が活躍した。FW鈴木孝司が前線でボールをキープして攻撃を活性化。先制を許す苦しい展開の中、総力戦で勝ち点1を確保できたのは評価に値する。

 今回の会場『Shonan BMW スタジアム平塚』での成績は6勝1分9敗と負け越しているが、2010年以降に同会場で行われた4試合は3勝1分と黒星がない。今回も勝利して同会場での無敗記録を伸ばしたいところだ。

【マイナス材料】
 特定の選手の出場時間が多く、負担がかかっている。松田、GKキム・ジンヒョン、MFレアンドロ・デサバト、DFマテイ・ヨニッチはリーグ戦再開後すべての試合でフル出場。今後も連戦が続き、暑さも増していくため、ミゲル・アンヘル・ロティーナ監督のマネジメント力が問われる。

 昨季6ゴールを挙げて攻撃を牽引したFWブルーノ・メンデスの調子が上がらない。第4節・名古屋グランパス戦に先発出場したのが最後で(後半開始と同時に交代)、直近の3試合はベンチからも外れている。決定力不足が課題に挙がっているため、貴重な攻撃のキーマンの復調に期待したい。

文:totoONE編集部

totoONEでは他の対戦カードのプレビューも公開中!

Jリーグ観るならDAZN!
1カ月無料体験はこちら


SHARE

LATEST ARTICLE最新記事

RANKING今、読まれている記事

  • Daily

  • Weekly

  • Monthly

LIVE DATA