FOLLOW US

【川崎Fvs湘南プレビュー】連勝記録を伸ばす川崎Fとリーグ戦初勝利を飾った湘南…神奈川ダービーを制するのは!?

[写真]=金田慎平

川崎フロンターレ 指揮官の巧みな采配とエースの活躍で連勝記録を伸ばせるか

【プラス材料】
 ミッドウィークに行われた前節のベガルタ仙台戦は3-2の逆転勝利。リーグ戦再開後5連勝を飾り、首位をキープしている。

 好調の要因はリーグトップの得点力だ。ただ、連勝するにつれて、今季から採用するスタイルに対しては相手から対策を練られているのも事実で、ここ2試合は前半に思うように得点が奪えていない。しかし、現在は選手交代でその対策を打開しており、力を発揮できる選手層の厚さを出せることが強みだ。直近の2試合では、ベンチスタートのFW小林悠とMF三笘薫の2人が躍動。特に小林は2試合連続2ゴールと、その決定力を遺憾なく発揮している。3試合連続での爆発が期待される。

 チャンスが巡ってきた選手はもちろんのこと、古巣戦となるDF山根視来の2試合連続得点にも期待がかかる。

【マイナス材料】
 タイトな日程の中で少しずつ離脱者が増えてきている。前節の仙台戦では、これまで好調を維持していたMF長谷川竜也が負傷交代。現時点での状態は明らかにされていないが、軽症であることを願いたい。出場が難しいのであれば、三笘が先発する可能性が高いだろう。

 連戦の3試合目ということを踏まえると、今節は先発の入れ替えが他のポジションでも行われる可能性がありそうだ。山根同様に古巣戦となるMF下田北斗、中盤で幅広くプレーできるMF守田英正、前節途中出場で1アシストを記録したFW旗手怜央などが候補だろう。入れ替えがある中でもチームのクオリティを維持して戦えるかは、今後の試金石にもなる。

 ここ3試合連続で失点しているのは気にかかるところ。失点癖をつけないためにも、完封勝利を目指したい。

文:いしかわごう

湘南ベルマーレ 難敵を破った勢いそのままに、鬼門の地での白星を狙う

【プラス材料】
 鹿島アントラーズをホームに迎えた前節は、相手に押し込まれても粘り強くゲームを展開。ピンチにも体を張ってゴールを割らせず、かたや手にしたセットプレーのチャンスを確実に仕留めて1-0で勝利した。これまで内容は悪くなくとも勝ち点に結びつかない試合が続いていた中で、結果を手にした意味は大きい。文字どおりチーム一丸となって手繰り寄せた、待望のリーグ戦初白星だった。

 走行距離やスプリント回数で非凡な数字を叩き出したように、鹿島戦ではメンバーが入れ替わった中でも湘南ベルマーレらしい戦いを発揮した。J1初出場のGK谷晃生やJ1初先発のFW岩崎悠人ら若手をはじめ、出場機会の限られていたメンバーの躍動は、今後過酷な連戦を戦い抜くうえでも意義深い。

【マイナス材料】
 前節の鹿島戦は前半を無失点で乗りきり、後半にゴールを奪って勝負を決めた。堅実な試合運びの一方、欲を言えば前半にもう少しチャンスを作りたかったところか。マイボールをロストして再び守備に回る場面も散見されており、ボールを奪ってからの攻撃の精度は引き続き磨きたい。

 今節対戦する川崎フロンターレとの通算対戦成績は、6勝8分15敗と黒星が先行する。相手のホームでは2勝3分9敗と、さらに分が悪い。最後の勝利は2015年8月まで遡らなければならず、つまり相性のよくない相手と言える。

 中3日で続く過酷な連戦のため、今節もメンバーの入れ替わりが予想される。鹿島戦同様、走力や球際などチームとして大切にしている姿勢を変わらずに体現したい。

文:隈元大吾

totoONEでは他の対戦カードのプレビューも公開中!

Jリーグ観るならDAZN!
1カ月無料体験はこちら


SHARE

LATEST ARTICLE最新記事

RANKING今、読まれている記事

  • Daily

  • Weekly

  • Monthly

LIVE DATA