FOLLOW US

小林悠が復帰戦で2得点をマーク。「もう一度得点王に。それが優勝にも近づく」

「一度得点王になった。もう一度そこに帰りたい。それがチームの優勝にも近づくと思う」

 川崎フロンターレのエース・小林悠が、18日に行われた明治安田生命J1リーグ第5節の横浜FC戦で復帰を果たした。小林は6月7日のトレーニング中に負傷し、同月15日に右ひざ関節内遊離体の除去手術を実施。Jリーグ再開後、リーグ戦3試合を欠場していた。

 出番が回ってきたのは同点に追いつかれた直後の60分だった。レアンドロ・ダミアンとの交代でピッチに登場した小林は、「ちょうど(三笘)薫とピッチに入るときに決められたので、2人で『(役割が)はっきりしたね。俺たちで点を取るぞ』と話していました」と投入時の様子を振り返った。75分にはその宣言通りに得点を奪う。三笘が得意のドリブルでペナルティーエリア内へ侵入すると、相手DFの星キョーワァンのファウルを誘ってPKを獲得。これを小林が右足でゴール左下に落ち着いて沈めた。さらに83分には小林が登里享平からのパスを受けると反転して右足を一閃。チーム4点目となる得点をマークした。

同時投入された小林悠(左)と三笘薫(右)

「得点王を目指している中で出遅れてしまった。少しの時間でも絶対に点を取るという気持ちがあった」と本人が語るように、2017シーズン以来となる得点王の奪還へ向けて、復帰初戦から貪欲にゴールを求めた。小林を後半から投入した鬼木達監督は、「シンプルに彼らの推進力、前に出ていくところを期待していた。そこに関しては良かった」と評価した。チームは5-1で勝利を収め、再開後に破竹の4連勝。「夏場は途中出場の選手がどれだけ力を出せるかで(チームが)変わる。チームみんなで勝ち点を積み重ねていきたい」(小林)。首位を快走する川崎において、頼もしいエースがチームに復帰した。

Jリーグ観るならDAZN!
1カ月無料体験はこちら


SHARE

LATEST ARTICLE最新記事

RANKING今、読まれている記事

  • Daily

  • Weekly

  • Monthly

LIVE DATA