FOLLOW US

Jリーグ再開はさらに延期濃厚…5月末に再設定へ 市中蔓延期で無観客も難しく

Jリーグの村井満チェアマン(2020年3月) [写真]=J.LEAGUE

 Jリーグと日本野球機構(NPB)は3日、第5回となる「新型コロナウイルス対策連絡会議」を実施。会議後にWeb上で会見を行った。

 専門家チームの議長である賀来満夫氏(東北医科薬科大学)からは「現段階で感染者数が急増しています。非常に厳しい状況になってきたと認識しています。大都市圏で接触経路がわからない患者も増えています。オーバーシュートに至っていない段階だとしても、どなたでも感染してしまう機会がある状況の中、4月中の開催は現段階では非常に難しいと話しました。自粛が続く中で、私もできるだけ早い再開を望んでいますが、先ほどの会議でも非常に難しく、できる限り、現段階で開幕・再開を延ばせるだけ、延ばしていただきたいというお話しをさせていただきました」と、提言の内容についてコメント。

 Jリーグの村井満チェアマンは「丁寧、慎重に開幕・再開に向けて準備を進めてきました。状況は従前より一段と厳しさが増しているという認識です。健康を第一に考えつつ、社会的役割を果たしていく存在だと思いますので、慎重に協議していきたいと考えています」と見解。

 J3は4月25日、J2は5月2日、J1は5月9日と、順次開幕・再開を目指していたが、「4月中の開催が難しい」「5月の終わり頃でなんとか開催できないか」という専門家チームの提言を受け、「再開を目指す日程を決めた上で、準備を進めてきましたが、社会情勢の見極めや政府・行政、専門家の意見をいただいて判断するということに変わりはありません。提言を受け、4月中の開催、ゴールデンウイーク明けも難しいのではという形です。見解を持ち帰り、Jリーグの実行委員会で協議して次の目途を決めたいですが、現状は置いているスケジュールをそのまま実行することは難しいと考えています」と話し、さらなる日程の延期となることが濃厚となった。

 また、専門家チームから「日本を代表する2つのスポーツが、社会的責任、説明責任を果たさないといけない、という社会的責任が大きく加わった」「市中どこでも感染するリスクがある状況となった」「観戦前後での公共交通機関での移動や導線もリスク」といった提言を受け、村井チェアマンは「市中での蔓延期であることや、移動などで選手をリスクにさらすこともあると考えると無観客試合も難しくなります。慎重に慎重を重ねて協議したい」と、無観客試合や開催地域を絞っての試合開催も難しいという見解を示している。

 5月末の開催を目指すことになるのか、という点について専門家チームは「(終息は)正直に申し上げて、いつになるか本当のことは誰にもわかりません。5月末で実施の可能性はありますが、決して5月末というわけではありません。自粛はいつか解除しないといけませんが、解除して増えたらまた自粛…、となります。これを繰り返して山を減らしていくことになります」と、いったんの目標の再設定であることを強調。

 選手に向けても「4月に再開することを設定してトレーニングを積んでいるかと思います。これが延期というのは身体的負担があることも危惧しておりますが、新たな課題が出てきたので」と、提言への理解を求めている。

Jリーグ観るならDAZN!
1カ月無料体験はこちら


SHARE

LATEST ARTICLE最新記事

RANKING今、読まれている記事

  • Daily

  • Weekly

  • Monthly

LIVE DATA