FOLLOW US

26日開催のルヴァン杯、新型肺炎の影響で延期決定 3月15日までの公式戦延期も理事会で起案

週末の試合ではヴィッセル神戸は応援の制限などを実施した [写真]=Getty Images

 Jリーグは25日、新型コロナウイルスの感染拡大を受け、26日に開催されるYBCルヴァンカップ・グループステージ第2節の開催延期を発表した。

 対象となる試合は下記の通り。

名古屋グランパス vs 清水エスパルス(パロマ瑞穂スタジアム)
ベガルタ仙台 vs セレッソ大阪(ユアテックスタジアム仙台)
浦和レッズ vs 松本山雅FC(埼玉スタジアム2○○2)
サンフレッチェ広島 vs 北海道コンサドーレ札幌(エディオンスタジアム広島)
サガン鳥栖 vs 横浜FC(駅前不動産スタジアム)
湘南ベルマーレ vs 柏レイソル(Shonan BMW スタジアム平塚)
大分トリニータ vs ガンバ大阪(昭和電工ドーム大分)

 また、3月15日までに開催予定のすべての公式戦の開催延期について、25日の理事会で起案される。

 Jリーグは開催延期に際し、下記のように声明を発表している。

「スポーツには国民に活力を与える大きな力があり、重要な社会のインフラであると信じておりますし、Jリーグには豊かなスポーツ文化を振興していく責任があるとも感じています。これまでの公式戦は、多くのファン・サポーターの皆様のご協力のもと、大きなトラブルもなく無事に終えることができました」

「しかし昨日開催された、新型コロナウイルス感染症対策専門家会議にて「これから1-2週間が急速な拡大に進むか、収束できるかの瀬戸際となります」との見解が発表されました。Jリーグは、感染予防対策および拡散防止のために最大限の協力をしていくとともに、3月中旬の公式戦の再開に向け準備を進めてまいります。延期が決定した試合の代替開催日およびチケットの取り扱いについては、決定次第お知らせいたします」

 新型コロナウイルスの影響は、世界のサッカー界も直撃しており、セリエAの試合開催延期やヨーロッパリーグの無観客試合検討、Kリーグの開幕延期、AFCチャンピオンズリーグの日程・会場変更などが出ており、今後も様々な変更などが予想される。

Jリーグ観るならDAZN!
1カ月無料体験はこちら


SHARE

LATEST ARTICLE最新記事

RANKING今、読まれている記事

  • Daily

  • Weekly

  • Monthly

LIVE DATA