FOLLOW US

主役は誰だ!? J2好き編集者が今季J2注目イレブンをピックアップ

J2で主役を担う注目選手たち [写真]=Getty Images, J.LEAGUE

 21日に明治安田生命J1リーグが開幕し、すでに熱戦が繰り広げられているJリーグ。だが、待ってほしい。Jリーグを盛り上げるキーカテゴリーは、J2ではないだろうか? 本来ならばJ1の強豪もいれば、J3からの新鋭も割って入る。少しのきっかけで大ブレイクしそうな若手選手もひしめく。そう、J2こそがJリーグの“中心”なのだ。

 そこで今回は、サッカーキング編集部きってのJ2通、みっしーが独断と偏見でJ2所属選手の『注目イレブン』を選出。ひいきクラブ所属選手のおさらいや、第1節の対戦相手の予習に役立ててほしい。

GK 秋元陽太

[写真]=Getty Images


生年月日:1987年7月11日(32歳)
身長・体重:182cm・85kg
出身地:東京都

所属クラブ:FC町田ゼルビア
背番号:1
経歴:横浜F・マリノス→愛媛FC→湘南ベルマーレ→FC東京→湘南ベルマーレ→FC町田ゼルビア

 湘南から期限付き移籍で“地元・町田”に帰還した。守備陣を動かすコーチングと高いシュートストップ能力は、すでにJ1の舞台でその実力を証明済み。ランコ・ポポヴィッチ監督率いる新生ゼルビアを最後尾から支えていく。

DF 大本祐槻

[写真]=J.LEAGUE


生年月日:1994年9月24日(25歳)
身長・体重:176cm・67kg
出身地:滋賀県

所属クラブ:アルビレックス新潟
背番号:27
経歴:FC岐阜→徳島ヴォルティス→V・ファーレン長崎→アルビレックス新潟

 スピードと運動量、そして左右どちらもこなせる万能性が持ち味のサイド職人だ。プロ1年目から公式戦全試合に出場するも、近年はケガの影響もあり出場機会が減少していた。自身4クラブ目となる新潟で再起を図る。

DF 野田裕喜

[写真]=J.LEAGUE


生年月日:1997年7月27日(22歳)
身長・体重:181cm・73kg
出身地:熊本県

所属クラブ:モンテディオ山形
背番号:5
経歴:ロアッソ熊本(特別指定選手)→ガンバ大阪→モンテディオ山形

 昨年5月末、G大阪から育成型期限付き移籍で加入し、今季は完全移籍へと移行。加賀健一から継承した背番号「5」は、クラブからの期待の表れだろう。熊本雄太・栗山直樹・松本怜大の“鉄板3バック”に割って入りたい。

DF 麻田将吾

[写真]=J.LEAGUE


生年月日:1998年7月6日(21歳)
身長・体重:186cm・77kg
出身地:長野県

所属クラブ:京都サンガF.C.
背番号:19
経歴:京都サンガF.C.→カマタマーレ讃岐→京都サンガF.C.

 京都の育成組織出身、期待の左利き大型センターバックだ。18年、19年は期限付き移籍で讃岐に在籍し、リーグ戦計56試合に出場。本職のセンターバックに加え、左サイドバックもこなす万能性を身に付け、3季ぶりに復帰した。

DF 高瀬優孝

[写真]=J.LEAGUE


生年月日:1991年11月25日(28歳)
身長・体重:172cm・68kg
出身地:埼玉県

所属クラブ:ザスパクサツ群馬
背番号:39
経歴:大宮アルディージャ→ザスパクサツ群馬→ロアッソ熊本→ザスパクサツ群馬

 熊本でのプレーを経て、3季ぶりに群馬に帰ってきた。武器はなんと言っても左足から放たれる高精度のシュートとクロス。昨季はJ3リーグで自身最多の4得点を挙げ、直接フリーキックも沈めている。

MF 前寛之

[写真]=Getty Images


生年月日:1995年8月1日(24歳)
身長・体重:173cm・70kg
出身地:北海道

所属クラブ:アビスパ福岡
背番号:6
経歴:北海道コンサドーレ札幌→コーンケンFC→北海道コンサドーレ札幌→水戸ホーリーホック→アビスパ福岡

 水戸時代の恩師・長谷部茂利監督の福岡“移籍”から約1カ月後、指揮官を追うように自身も福岡へ。ハードワークを信条とする“長谷部イズム”の体現者として、移籍1年目から活躍が期待される。今季は主将にも任命された。

MF 高宇洋

[写真]=J.LEAGUE


生年月日:1998年4月20日(21歳)
身長・体重:172cm・67kg
出身地:神奈川県

所属クラブ:レノファ山口FC
背番号:6
経歴:ガンバ大阪→レノファ山口FC

 東京五輪出場を目指す攻守のリンクマンが、期限付き移籍期間を延長して山口に残留。昨季後半戦からすでにチームにフィットしており、目標のJ1昇格に向けてフル回転が求められる。また今季は副主将を務めることも発表された。

MF ルアン

[写真]=Getty Images


生年月日:1990年8月11日(29歳)
身長・体重:170cm・69kg
出身地:ブラジル

所属クラブ:V・ファーレン長崎
背番号:10
経歴:アトレチコ・ソロカーバ(ブラジル)→ポンチ・プレッタ(ブラジル)→アトレチコ・ミネイロ(ブラジル)→V・ファーレン長崎

 南米一を決める大会、コパ・リベルタドーレスを制した経験を持つブラジル屈指のアタッカーがJ2に参戦。武器は馬力あるドリブル突破でクロスでチャンスを創出していく。日本のサッカーに適応できれば、一気にJ2の主役に躍り出る可能性も。

MF 髙田颯也

生年月日:2001年8月15日(18歳)
身長・体重:180cm・64kg
出身地:埼玉県

所属クラブ:大宮アルディージャ
背番号:37

 今季トップ昇格を果たしたルーキー。スピーディーかつタッチの細かいドリブルが最大の魅力で、世代別代表経験も持つ。ユースの先輩にあたる黒川淳史、奥抜侃志らポジション争いが激戦区の1.5列目で、1年目からその実力を発揮できるか。

FW 小川航基

[写真]=Getty Images


生年月日:1997年8月8日(22歳)
身長・体重:186cm・78kg
出身地:神奈川県

所属クラブ:ジュビロ磐田
背番号:9
経歴:ジュビロ磐田→水戸ホーリーホック→ジュビロ磐田

 水戸への武者修行を終え、約半年ぶりに復帰。かつて中山雅史が背負ったエースの象徴「9」を託された。1年でのJ1復帰、そして最終局面に突入した東京五輪出場枠を巡るサバイバルを勝ち抜くためにも、開幕から得点量産が求められる。

FW 櫻川ソロモン

[写真]=Getty Images


生年月日:2001年8月4日(18歳)
身長・体重:190cm・89kg
出身地:千葉県

所属クラブ:ジェフユナイテッド千葉
背番号:40

 高校年代ではもはや敵なしと言ってもいいだろう。圧倒的なフィジカルと得点力を誇るストライカーが、ついにプロの世界に足を踏み入れる。現在はセルタ(スペイン)の練習に参加中。そのポテンシャルは世界からも一目置かれている。

Jリーグ観るならDAZN!
1カ月無料体験はこちら


SHARE

LATEST ARTICLE最新記事

RANKING今、読まれている記事

  • Daily

  • Weekly

  • Monthly

LIVE DATA