FOLLOW US

新システムで王座奪還へ、キーワードは「超アグレッシブ」【J1クラブ展望/川崎】

[写真]=Getty Images

 4シーズン目を迎えた鬼木達体制。今季の目標として、指揮官はリーグタイトルの奪還とカップ戦を含めた複数タイトルの獲得を掲げている。

 チーム戦力に目を向けると、阿部浩之奈良竜樹の移籍、知念慶の期限付き移籍などはあったが、チームの骨格となる主力は概ね残留した。年間を通じた課題となっていた右サイドバックに、湘南ベルマーレから山根視来、ブラジルのコリチーバからジオゴ・マテウスを獲得した。「超アグレッシブ」をキーワードに、昨年よりも攻撃的なスタイルを打ち出しており、フォーメーションも従来の4-2-3-1ではなく4-3-3を導入。攻守に相手を圧倒する戦い方を標榜し、チームに刺激を与えながら強化を進めてきたと言える。

 その新システムの成果を、リーグに先駆けて開幕した2020JリーグYBCルヴァンカップの清水エスパルス戦でさっそく示している。

 特徴的だったのは、チーム全体でコンパクトな陣形を保って仕掛け続けた攻撃的な守備だ。前線の3トップが適度な距離感でプレッシングを行い、そこに中盤の3枚も連動する。そのまま高い位置でボールを奪うと、ショートカウンターに持ち込んで決定機を作り続けた。これまでよりも幅を使ったサイドアタックの攻撃ルートが増えていることも特徴で、ゴール前に人数をかけることで迫力も増している。

 もちろん、ボールを握りながら敵陣に押し込む強みも変わらない。バンディエラの中村憲剛は長期離脱中だが、それでも家長昭博大島僚太守田英正脇坂泰斗田中碧といった国内屈指の技巧派が中盤に名を連ねており、リーグ随一のパスワークは健在だろう。3トップを採用する前線には、ウィングに齋藤学長谷川竜也、東京五輪世代の旗手怜央三笘薫といったサイド突破を武器とするアタッカー陣がひしめき、フィニッシャーにはレアンドロ・ダミアン小林悠のストライカーがゴールを狙う。ルヴァンカップでたたき出した5得点という結果が示したように、攻撃陣の破壊力はトップクラスと言っても過言ではないはずだ。

 新キャプテンに任命された谷口彰悟は、チームの意気込みをこう代弁する。

「昨年はリーグで悔しい結果に終わっているので、強いフロンターレをまた見せたい。もちろん優勝はしたいですが、それも一つひとつの積み重ねだと思っています。一喜一憂せずに、目の前の試合を積み重ねていくこと。あとは戦う姿勢を見せて、スタジアムに来た人を感動させられるような試合をしたい」

 今季はAFCチャンピオンズリーグに出場しないため、国内の大会のみに専念できるとも言える。進化したフロンターレを見せて、リーグ王座奪還といきたい。

【KEY PLAYER】FW 16 長谷川竜也

長谷川竜也

[写真]=Getty Images

 パスワークで局面を打開していく崩しだけではなく、ワイドな展開からの突破にも冴えを見せるドリブラーだ。

 今季から採用する新システムの4-3-3では左ウィングを担っている。巧みな位置取りでタイミング良くボールを引き出す駆け引きに優れており、左サイドバックの登里享平との縦関係も抜群。互いに相手守備陣を見ながら繰り出すコンビネーションで、幅を使った左サイド攻撃は大きな武器となっている。チーム戦術が浸透してきたことで、サイドでの仕事も整備できていると口にする。

「攻撃で幅を使うところは、去年よりは、いつ使うのかをチームとして共有できています。(インサイドハーフがいるので)攻撃に関わる人数の厚みも去年よりもあるのかなと。自分はやることが整理できていますね。幅をとったらからと言って中が開くのかというとか、そうではない。でも幅を取らないと中は開かない。そこはポジショニングに尽きるかなと思います」

 プライベートも充実している。昨年5月1日に入籍し、年末には第一子となる長女が生まれた。守るべき家族が出来たことで、自身のパフォーマンスにいい影響を与えていることは言わずもがなだろう。「より責任感が出ました。家族が大事ですし、娘にお父さんがサッカーしている姿をしっかりと見せたい」

 最初の公式戦となった清水戦では2得点を挙げるなど上々のスタートを切っている。今季の長谷川竜也は、今まで以上に熱い気持ちをたぎらせて、ピッチを暴れまわる。

文=いしかわごう

Jリーグ観るならDAZN!
1カ月無料体験はこちら


SHARE

LATEST ARTICLE最新記事

RANKING今、読まれている記事

  • Daily

  • Weekly

  • Monthly

LIVE DATA