FOLLOW US

Jリーグとガンダムがコラボ! チームモデルのガンプラやマスコットのガンダム化など実施

Jリーグとガンダムとのコラボモデルが発表

 株式会社創通、株式会社BANDAI SPIRITSは、「機動戦士ガンダム 40周年プロジェクト」の一環として、Jリーグおよび2019、20シーズンのJ1所属20クラブとのコラボレーション企画を実施すると発表した。

 ガンダムは現在、テレビ放送が開始された1979年からの40周年企画を展開中で、2020年は「ガンプラ40周年」の記念イヤーにもなる。両社はクラブが日本全国にあり、各地域に熱狂的なファン・サポーターを擁しているJリーグとのコラボレーションにより、それぞれの地域により深く浸透させるものと期待するとともに、「ガンプラ40周年」への橋渡しをするものと位置付けていると、今回の概要を説明している。

 具体的な展開としては、2月8日にJリーグロゴのカラーリングで彩られたオリジナルデザインの『HG RX-78-2ガンダム JリーグVer.』(税込2000円)と、『ハロプラ ハロ JリーグVer.』(税込600円)を発売。同日開催される『FUJI XEROX SUPER CUP 2020』の会場である埼玉スタジアム2002やJリーグオンラインストア(Jリーグクラブ、全国スポーツグッズショップでも順次発売予定)で販売される。『HG RX-78-2ガンダム JリーグVer.』にはJリーグ56クラブのエンブレムデカールが付属される。

 さらに2020年春発売予定として、2019、20シーズンのJ1所属20クラブのクラブカラーで彩られたコラボレーションガンプラもラインナップ。21世紀に放送されたガンダムシリーズの中から、「ダブルオーガンダム」「インパルスガンダム」「ストライクガンダム」「ガンダムエクシア」「ガンダムバルバトス」の5種類のうち、各クラブが選択。チームカラーをもとにカラーリングされ、エンブレムなどがデザインされる。

 また、キービジュアルでは各クラブマスコットとガンダムがコラボ。トリコロールカラーの横浜F・マリノスはマリノス君がガンダム、浦和レッズはチームカラーに合わせてレディアがシャア専用ザク、大分トリニータのニータンは亀がモチーフということもあり、水陸両用の観点でズゴックなど、コンセプトはクラブ関係者と話し合った上で決めた、コスプレしたキャラクターが展開される。今後はグッズ販売などが検討中だ。

会見には名波浩氏が登場

 29日に行われた会見では“ガンダム世代”とも言える元日本代表の名波浩氏が登壇。「全種類揃えたら、カッコいいと思います。サポーターの皆さんは好きなチームのモデルを買うと思いますけど、アウェーゲームに行った時に、相手のモデルを買い揃えていくのもいいと思いますね。ガンダムファンがサッカー、サッカーファンがガンダムに興味を持っていただきたいですね。ガンダムの長い歴史の中、Jリーグとコラボしていただき、チームも喜んでいると思います。今年はオリンピックやワールドカップの予選など、日本サッカー界にとっての大きな行事もあるので、今後もサッカー界を応援していただきたいです」とコメントを寄せている。

 会見ではガンプラの発表が中心となったが、4月以降で各スタジアムでのガンダムデーを開催し、Jリーグのファン・サポーターにもガンダムの魅力を伝える取り組みも実施予定となっている。

■写真ギャラリー
・キービジュアル ©SOTSU・SUNRISE

・『HG RX-78-2ガンダム JリーグVer.』 ©SOTSU・SUNRISE

・『ハロプラ ハロ JリーグVer.』 ©SOTSU・SUNRISE

・Jリーグ×ガンプラ ©1996 CONSADOLE、©1998 VEGALTA、©1992 K.A.FC、©2001 URAWA REDS、©1996 .H.K.REYSOL、©1998 F.C.TOKYO、©2005 K.F.CO.,LTD.、©1992 Y.MARINOS、©1999 Y.F.SPORTS C.、©1993 SHONAN.BM、©2011 YAMAGA、©S-PULSE、©2015 JUBILO、©1995 N.G.E.、©1995 GAMBA、©2018 CEREZO OSAKA、©2005 VISSEL KOBE、©1992 S.FC、©2014 S.D.CO.,LTD.、©O.FC

SHARE

LATEST ARTICLE最新記事

RANKING今、読まれている記事

  • Daily

  • Weekly

  • Monthly

LIVE DATA