2019.12.07

横浜FMが15年ぶりJ1制覇!残留争いは湘南が16位でプレーオフへ/J1第34節

遠藤渓太
横浜FMの遠藤は優勝を決定づけるゴールを奪った [写真]=金田慎平
サッカー総合情報サイト

 明治安田生命J1リーグ第34節が7日に各地で行われた。

 首位の横浜F・マリノスと2位のFC東京が激突する一戦は、優勝を賭けた大一番となった。両者の勝ち点差は「3」。横浜FMは引き分け以上で文句なしの優勝、FC東京も4点差以上の勝利で大逆転優勝という条件の中で行われた。

 試合は立ち上がりからFC東京が前がかりに試合を進めるが、攻撃的な姿勢を貫いた横浜FMがティーラトンとエリキのゴールで2点を先行して前半を終える。後半にはGK朴一圭が一発退場と数的不利な状況に陥るが、遠藤渓太のダメ押しゴールで勝利を決定づけた。3-0で完勝を収め、15年ぶりの栄冠に輝いた。

 横浜FMvsFC東京が優勝を占う一戦であるならば、清水エスパルスvsサガン鳥栖はJ1自動残留を目指すチーム同士の戦いに。勝てば自力残留が決まる清水が、後半22分に奪ったドウグラスのゴールで勝利を収めた。一方、勝利が残留の条件だった湘南は松本と1-1の引き分け。この結果により、16位の湘南がJ1参入プレーオフに進むことが決定した。対戦相手は8日に行われる徳島vs山形の勝者となる。

 鹿島は、敵地『豊田スタジアム』で名古屋と対戦した。前半に43分にオウンゴールで先制すると、虎の子の1点を守り切って3位を死守。アジアチャンピオンズリーグ出場権を手にした。

今節の結果と順位表は以下の通り。

■J1第34節
北海道コンサドーレ札幌 1-2 川崎フロンターレ
浦和レッズ 2-3 ガンバ大阪
横浜F・マリノス 3-0 FC東京
松本山雅 1-1 湘南ベルマーレ
清水エスパルス 1-0 サガン鳥栖
名古屋グランパス 0-1 鹿島アントラーズ
ヴィッセル神戸 4-1 ジュビロ磐田
サンフレッチェ広島 1-0 ベガルタ仙台
大分トリニータ 0-2 セレッソ大阪

■J1順位表 
1位 横浜FM(勝点70/得失点差+30)
2位 FC東京(勝点64/得失点差+17)
3位 鹿島(勝点63/得失点差+24)
4位 川崎(勝点60/得失点差+23)
5位 C大阪(勝点59/得失点差+14)
6位 広島(勝点55/得失点差+16)
7位 G大阪(勝点47/得失点差+6)
8位 神戸(勝点47/得失点差+2)
9位 大分(勝点47/得失点差0)
10位 札幌(勝点46/得失点差+5)
11位 仙台(勝点41/得失点差-7)
12位 清水(勝点39/得失点差-24)
13位 名古屋(勝点37/得失点差-5)
14位 浦和(勝点37/得失点差-16)
15位 鳥栖(勝点36/得失点差-21)
16位 湘南(勝点36/得失点差-23)
17位 松本(勝点31/得失点差-19)
18位 磐田(勝点31/得失点差-22)

サイト人気記事ランキング

欧州リーグ順位表

リヴァプール
67pt
マンチェスター・C
51pt
レスター
48pt
欧州順位をもっと見る
ライプツィヒ
40pt
バイエルン
39pt
ボルシアMG
38pt
欧州順位をもっと見る
バルセロナ
43pt
レアル・マドリード
43pt
セビージャ
38pt
欧州順位をもっと見る
ユヴェントス
51pt
インテル
47pt
ラツィオ
45pt
欧州順位をもっと見る

Jリーグ順位表

横浜FM
70pt
FC東京
64pt
鹿島アントラーズ
63pt
Jリーグ順位をもっと見る
柏レイソル
84pt
横浜FC
79pt
大宮
75pt
Jリーグ順位をもっと見る
北九州
66pt
群馬
63pt
藤枝
63pt
Jリーグ順位をもっと見る